リスクマネジメント

リスクマネジメント

当社グループでは 「メタウォーターグループリスク管理規程」 を定め、グループの経営に影響を及ぼす可能性のあるさまざまなリスクを体系的に認識し、適切に評価・管理することにより、リスクの発生を未然に防止、
あるいはリスクの発生による損失を低減し、グループの企業価値の維持・拡大に努めています。
また、サステナビリティ委員会の中にリスク管理分科会を設け、個々のリスクへの対応が適切に行えるよう体制を整備・強化し、ステークホルダーの信頼に応えるべく組織的な対応を図っています。

さらに、個別のリスクに対応するために 「メタウォーター事業継続計画(BCP)」、「コンプライアンス規程」、「情報セキュリティポリシー」をはじめ、事故や環境・安全衛生関連の対応についての規程・基準やマニュアルなどを定め、さまざまな事象の発生に対して迅速かつ的確に対応できるようにしています。

リスクについては、外部環境と事業環境に分け、事業環境をさらに3つのカテゴリーに分割し、全22項目のリスク分類を設定しています。そのリスク分類に応じて、各本部・センターがリスクを抽出しています。抽出したさまざまなリスクは、「損益」「資産」「信頼」「人命」「事業継続」の5つの視点で評価し、リスクの影響度によって対応の優先順位を設定しています。
また、その中で特に影響度の大きいものを「優先対応リスク」として定義し、リスクへの対応計画や発生状況、対策の実施状況や結果について全社で共有・管理することで、リスクへの適切な対応に努めています。

BCM(事業継続マネジメント)の取り組み

BCMへの取り組み

当社グループでは、事業継続マネジメント(BCM)の強化を図っていくため、事業特性に合わせた事業継続計画(BCP)を策定しています。さらに、定期的にBCM推進部会を開催することで、策定したBCPの実効性向上に努めています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響下の事業継続を想定し、CMT(Crisis Management Team:危機管理チーム)のメンバーによる初動対応訓練と、現地緊急対策本部の本部長要員向けの説明会をリモート主体で実施し、同感染症への対応をBCP手順書に落とし込むといった取り組みも行いました。
2021年度以降は、被害想定のバリエーションに対応するため各種訓練、訓練対象者の拡大、ビデオ素材を活用した教育なども取り入れて、BCPのさらなる浸透・習熟と実効性向上を推進していきます。また、同感染症の感染拡大防止の観点から、当社グループでは社長を本部長とする緊急対策本部を設置し、各種対策を機動的に実施、継続しています。
「水・環境」インフラに携わる当社の社会的使命を鑑み、事業継続と従業員の安全のため、感染拡大防止に全社を挙げて取り組んでいます。

初動対応訓練

自治体の水道事業BCPを支える取り組み

当社がSPCの代表企業を務める「あらおウォーターサービス(AWS)」は、熊本県荒尾市で水道事業などの包括委託による事業を展開しています。そこで荒尾市企業局がBCP運用訓練を実施するにあたり、AWSは1分1秒でも早く情報収集し、復旧に必要な経営資源(人や重機・部品などのモノ)などを確保するため、ICTを活用してサポートを行いました。現地の情報(プラント監視画面・タイムライン・TODOリストなど)を本社(東京)、九州事務所(福岡)などでリアルタイムに共有することで、復旧にかかる時間の短縮を図り、「高速事後対応」の実現を目指しています。

現地(荒尾市)の情報を本社(東京)でリアルタイムに把握