品質の取り組み

品質への取り組み

当社グループは、提供するすべての製品・サービスが、お客さま満足の得られる最適な品質水準を確保することを品質基本方針とし、お客さまに満足や感動を提供し続けることを目指しています。

品質事故の未然防止を徹底するために「品質トピックス」を全社員に配信

過去に起こしてしまった事故を教訓とし、新たな事故を未然に防ぐため、事故の事象や原因、再発防止策などを記載した「品質トピックス」を作成し、イントラネットなどを通じて全社員に配信しています。
同類の品質事故の再発防止を徹底しながら、お客さまの要求仕様を満たすプラントを建設するためには、特に「自工程が前後の工程にどのような影響を及ぼすのか」を理解することが重要です。
当社グループでは、「前後の工程はお客さま」を行動指針の1つとして品質向上に取り組んでいます。さらに、エンジニアリング会社として、水・環境インフラを長期的に守っていく役割を担う当社グループにとって、「考え行動する人」を育成することは必須であると考えます。そのためにも、エンジニアリングを担う社員一人一人が品質基本方針の共通理解のもと、品質事故の撲滅に向けて主体的に考え、行動する必要があります。
今後も全社一丸となって、品質向上のための取り組みを推進していきます。

取引先への取り組み

建設工事を対象に、取引先の施工状況について「安全」・「品質」・「納期」・「コスト」および「加点評価」の5項目の評価を実施し、取引先からの求めに応じて情報を開示しています。情報開示により取引先との意思疎通を図り、より品質の高い施工を目指しています。
また、当社グループ開催の安全大会にて、建設現場における安全活動に尽力をいただいた取引先を中心に感謝状の贈呈をしています。

安全大会での表彰の様子