サステナビリティの推進

サステナビリティ委員会

サステナビリティ委員会に6つの専門分科会を組織してサステナビリティ(CSR)の推進に努めています。

サステナビリティ(CSR)教育

サステナビリティ(CSR)啓発冊子を全社員に配布

社員のサステナビリティ(CSR)意識の向上を目指し、サステナビリティ(CSR)とは?という基本的なことから、メタウォーターが考えるサステナビリティ(CSR)、企業理念とサステナビリティ(CSR)の関係などをわかりやすく紹介した冊子『知られざるCSRの世界』を制作し、全社員に配布しました。
CSRキャラクターを使ったマンガ風の冊子は、読みやすく分かりやすいと社員から好評で、翌年に第二弾Part2を発行しました。
Part2では若い社員を主なターゲットに、サステナビリティ(CSR)が当社の日常の業務と密接に関連した身近な存在であることを紹介しました。
「法令遵守(コンプライアンス)=法律や社内規定などを守って正しく事業を行うこと」、「内部統制=組織を統制するために会社で決めたルールや手順のこと」など、若手社員にとって馴染みのない用語も分かりやすく解説し、水・環境インフラを支えるメタウォーターは、事業とサステナビリティ(CSR)が一心同体であることを伝えました。
「サステナビリティ(CSR)=社会貢献」ととらえやすいため、このような啓発活動を継続的に行い、サステナビリティ(CSR)についての正しい知識を社員に提供することも企業の社会的責任の1つとして実施しています。