地域社会への貢献

地域社会への貢献

地域の暮らしや産業に欠かすことのできない「水」を扱う当社グループにとって、水・環境インフラを支えることは社会的使命であると捉えています。お客さまやパートナー企業、市民団体をはじめとする地域の皆さまと連携し、それぞれが抱える課題に適した製品・サービスを提供することにより、持続可能な地域社会の実現に貢献していきます。

地域社会・経済の活性化につなげる取り組み

地域の暮らしや産業にとって、「水」を安定供給する水・環境インフラは不可欠な存在です。しかし、それを維持運営している地方自治体は、頻発する自然災害、人口減少による財政逼迫、人材不足などの困難な課題に直面しています。当社グループは、こうした課題を解決することが地域の社会や経済を支え、さらには活性化へとつながると考えています。この考えをもとに、当社グループは、事業継続マネジメント(BCM:Business ContinuityManagement)に基づく危機対応、ICTや広域連携などの活用による効率的な事業運営、地元の人材の積極的な採用・育成および技術継承、さらには地元企業からの調達推進などに取り組み、地域社会・経済の活性化に貢献していきます。

地域に根差した緊急時対応

当社グループは「水を止めない」という使命のもと、全国34カ所の拠点からなるサービス網を構築し、災害をはじめ故障やトラブルなどの緊急時対応や、施設・設備の維持管理に関わる相談対応など、それぞれの地域に根差した事業を行っています。また業務の範囲が広がっている運営受託事業においては、特にアセットマネジメントの深化や事業継続マネジメント(BCM)の構築などの取り組みを強化しています。

災害時などにおける重要な防災拠点としての役割も担う
高橋浄水場(愛称:バリウォーター/所在地:愛媛県今治市)

高橋浄水場(愛称:バリウォーター)の全景
車載式セラミック膜ろ過システム

当社を代表とする企業グループが受託した「(仮称)高橋浄水場整備等事業」により、老朽化が進んでいた今治市の基幹浄水場(小泉浄水場)の機能を移転し、新たな浄水場として誕生した高橋浄水場(愛称:バリウォーター)。同浄水場は、安全でおいしい水の安定的な供給はもちろん、継続的な水道事業経営を支えるためのLCC(ライフサイクルコスト)の削減や事業の効率化、さらには災害対応などの観点から建設・整備されました。新浄水場は、当社独自のセラミック膜ろ過システムを導入しており、クリプトスポリジウムなどの病原性原虫の確実な除去が可能です。また、災害時などには同市の重要な防災拠点としての役割も果たせるよう、高い耐震性を確保し、自家発電設備や応急給水設備なども整備しています。さらに、発電機を備え、高濁度原水でも安定した水量・水質の浄水を提供できる、当社製の車載式セラミック膜ろ過システムも配備されています。

「(仮称)高橋浄水場整備等事業」の概要

事業方式 :
DBM方式
事業期間 :
[設計および工事期間]
2017年9月20日~2022年3月19日
[維持管理期間]
供用開始から20年間

地域社会への貢献 −社会貢献活動

水の循環を守ることは、水・環境インフラ企業としての使命であると捉え、水や環境の大切さを多くの方に知っていただくため、さまざまな社会貢献活動を推進しています。具体的には、水の循環を学んでもらう小学生向けの出前授業や、全国の事業拠点における地域イベントへの参加、全社的な献血活動などに取り組んでいます。

メタウォーター社会貢献活動指針

当社グループの社会貢献活動は、水・環境を通じて社会的課題の解決をはかり、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 水辺の環境改善活動や水・環境に対する啓発活動の充実化をはかります。
  • 各種ステークホルダーとの連携や協働を大切にしていきます。
  • 社員の自発的な参加意識の醸成を行います。

活動重点分野ごとの詳細

社会貢献活動 事例

オリジナル動画教材「めーちゃん・たーくん きょうしつ」に新作を追加

事業を通じて培ってきた「水」と「環境」に関する技術や知識などを生かして、次世代を担う子どもたちに水の循環について、分かりやすく学んでもらう取り組みを継続的に行っています。2021年度は、オリジナル動画教材の新作を2本制作し、ラインアップを6本に増やしました。また小学生を対象に開催している好評の出前授業は、本社の特設スタジオからオンライン形式で実施したり、現地訪問による座学にて小学校教育でも取り入れられているSDGsをテーマに取り上げたり、新しい試みも始めました。

万世橋本社の特設スタジオから砂ろ過実験のオンライン授業を配信
各地の小学校を訪問した出前授業のテーマにSDGsも採用

詳細を見る

地域イベントへの出展など、地域との信頼関係を深める取り組み

水についてのクイズ
セラミック膜ろ過の実験

2021年度は、公民連携事業(PFI/DBO)を実施している新潟県見附市の「健幸フェスタ2021」や、神奈川県横浜市の「YOKOHAMA Save The W ater」(主催:横浜市水道局)などの地域イベントに出展。ブースでは、「水についてのクイズ」を実施して日々の生活に欠かせない水の大切さを理解していただいたり、砂ろ過とセラミック膜ろ過の実験をデモンストレーションして水ができる仕組みを知っていただいたり、「水」を通じて当社をより身近に感じていただけるような催しを行いました。

全社献血活動実施

当社グループでは、日本赤十字社から団体コードを取得し、全社員に最寄りの献血ルームや献血バスなどでできるだけ献血をするよう呼び掛け、活動の拡大を図っています。