サステナビリティの考え方

サステナビリティの基本方針

メタウォーターグループは、私たちの日常の安全・安心な生活を支え、環境と社会の持続可能性に貢献し、社会と共に持続可能な発展を遂げるため、ステークホルダーの期待に応え、社会から信頼され、社会に貢献し続ける企業であることを目指します。この実現に向けて、次の取り組みを続けていきます。

  • 環境・社会の課題解決に向けて、顧客・地域・パートナーと連携し、最適な技術・サービスで貢献していきます。
  • 人が最大の財産であり、多様性を認め、多様な働き方を構築し、安心して安全に働ける環境を整備していきます。
  • 中長期的な企業価値の向上に向けて、最良のコーポレートガバナンスを実現し、社会と共に持続可能な企業を目指します。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティの視点を踏まえた経営を促進するため、2022年4月に「CSR委員会」を改称し「サステナビリティ委員会」を設置しました。
サステナビリティ委員会では、サステナビリティに関する全社方針や目標等を策定し、それらの実現に向けた取り組みを推進すると共に、各種施策のモニタリングを行います。

重要課題(マテリアリティ)

近年の環境課題及び社会課題、社会的要請等を踏まえ、サステナビリティの基本方針の実現に向けて、当社グループの事業と関係性が深く、社会・ステークホルダーにおいても重要な課題を重要課題(マテリアリティ)として特定しました。

重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

「サステナビリティに関する基本方針」制定のお知らせ(206KB)