水循環テクノロジー

21世紀は「水の世紀」といわれるほど、世界中で水資源の枯渇が叫ばれています。私たちは水環境の総合エンジニアリング会社として、次世代型の造水・水の再生技術により水資源を確保し、安全で安心な水の安定供給に取り組んでいます。

上水分野では、独自技術であるセラミック膜ろ過システムやオゾナイザを適用して、安全でおいしい水を提供する技術開発を推進しています。

RO膜(Reverse Osmosis膜:逆浸透膜)による海水淡水化の前処理にセラミック膜を用いることにより、汚濁海水において効率的な淡水生産を可能とする、海水淡水化前処理技術の開発を推進しています。

下水分野では、上水処理で培ってきたセラミック膜ろ過技術、オゾン処理技術を活用して、下水処理の高度化、下水資源の有効利用技術の開発を推進しています。

低コスト最適薬品注入制御システムは、予測機能と制御機能で構成され、予測機能では複数の水質指標に対する複数薬品の投入効果をジャーテストと同様に予測し、また制御機能では目標追従性と薬品コストの低減を両立させた最適な薬品注入制御を行います。

このページを見た方はこちらのページも見ています