サイフォン式ろ過濃縮装置

概要

サイフォンの原理だからこそ、数々のメリットがあります。メタウォーターのろ過濃縮装置は、サイフォン効果を利用したろ過方式です。これはほとんど動力を消費しない、省エネルギー型の濃縮装置です。上水道の水処理工程で発生する汚泥を高濃度に濃縮することができます。脱水設備や天日乾燥床の前段に設置することにより、後段の設備の処理能力を向上することが可能です。

特長

  • 自然エネルギーによる汚泥の減容化(1/2~1/5程度まで)が可能
  • 自然の力(サイフォン)により、ろ過動力が不要
  • ろ布が長寿命(交換頻度1~2回/10年)
  • 低濃度スラッジ(1%程度)の濃縮も含め原液2~5倍程度までの濃縮が可能
  • 全自動で24時間連続運転が可能

サイフォン式ろ過濃縮装置の濃縮工程

用途と効果

用途 対象 効果
水道分野 重力濃縮汚泥の高濃度化
  • 加圧(圧搾)脱水機の処理量向上
  • 天日乾燥期間を短縮
  • 凍結融解脱水の電力削減
外観