高速ろ過システム(初沈代替システム)

概要

「沈殿」から「ろ過」へ 最初沈殿池に代替して処理能力を向上

下水道施設の普及が進み、最近では広域化、公民連携、革新的技術などを駆使した経営改善・強化が求められつつあります。
「晴雨兼用 高速ろ過システム」は、老朽化した施設・設備のストック縮減型再構築へのニーズに応え、経営の効率化に貢献する技術です。

下水処理施設のメリット

  • 能力増強によるストック縮減
  • 雨天時の増水対応

導入による複合効果

  • 創エネ化
  • 災害対応
  • 雨天時の増水対応

特長

高いろ過速度

  • ろ過速度:250~500m/日(最初沈殿池は50m/日)
  • 最初沈殿池の1/3~1/2の省スペース
  • 建設コスト縮減

既存槽を活用可能

  • 既存の最初沈殿池を改造し、洗浄排水槽、一次濃縮槽を設置

晴雨兼用

  • 雨天時にはろ過速度を1,200m/日まで上げることが可能
  • 雨天時の簡易処理消毒用薬品の低減

効率的な生汚泥回収

  • 消化ガス発生量の大きい生汚泥を多く回収

高いBOD・SS除去性能

  • BOD除去性能 40%以上(ろ過速度 250~500m/日における実証値)
    BOD除去率は、溶解性BODの割合、SS除去率と浮遊性BODの関係から算定
  • SS除去性能 50~70%(実証一例)
    SS除去率は、ろ過速度と原水SS濃度から算定
  • 夾雑物を100%除去
  • 災害時の一次処理(応急復旧の第一段階をクリア)

本技術は、2013年7月に発行された「超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステム導入ガイドライン」(国土交通省 国土技術政策総合研究所作成)で性能などが評価されています。

【特許番号】
第3853738 高速ろ過方法
第3824583 合流式下水道における雨水処理装置及びその逆洗方法