高速メタン発酵

概要

下水処理場から発生する汚泥や食品残渣などの原料をメタン発酵させ、バイオガスを発生させます。

バイオガスの成分は、メタン約60%、CO 2約40%で、発電や熱として利用できます。また、メタン発酵により汚泥量が大幅に減量できます。

特長

メタウォーターでは、発酵槽に担体を充填することによりメタン菌を高濃度に維持し、高速発酵を可能としました。

また、独自の制御技術により、高速発酵と安定運転を両立させた、コンパクトで低コストなメタン発酵システムを開発しています。

このページを見た方はこちらのページも見ています