仮想空間での施工設計

現場に合わせた安全・仮設計画と施工設計を同時に実施します。

3D施工シュミレーション
4D施工シュミレーション

施工設計、仮設・安全計画の同時実施

現場の状況に合わせた施工計画と設計の両立

  • 基本思想がインプットされた3Dモデルを基に、仮設・安全計画を受注後早期に開始します。現地の状況と施工手順、設計思想の間に生じたギャップは常に適合化され、最新かつ最適な状態でデータ化されます。
  • 現地施工の開始時には、設計―現地部門間で十分に検討されたデータを基にした施工図が作成されます。

業界のトップランナーとしての責務

  • 安全計画、仮設足場計画の図面化をより具体的に、かつ精度を向上させ実施することで、協力会社とともに安全対策への意識共有を図り、工事の質向上につなげます。

4Dシミュレーションによる施工手順の可視化

施工手順の"見える化"を実現

  • 施工ステップごとにモデル化した施工状況を重ね合わせることで、施工手順や変更案の比較、進捗状況を"見える化"します。
  • 設計協議では、相互理解内容の齟齬をなくすことや協議時間の短縮につながります。地元住民説明会では分かりやすい説明が可能となります。

安全施工への活用

  • 視覚的に危険箇所の把握ができ、施工計画検討や安全管理に役立ちます。重機の可動範囲の確認や物品の搬入時に、現場の電柱、電線や高架類などの干渉確認などへも活用範囲を拡大します。

このページを見た方はこちらのページも見ています