現地施工と維持管理の合理化

RFIDを活用し、材料管理、ピックアップの簡略化、維持管理までを見据えた製品ライフサイクル管理(PLM)を行います。
※記録媒体であるICタグ(RFIDタグ)に登録された情報を、無線電波によって接触することなく読み書きする仕組み

RFIDタグを活用し、現品確認作業から解放

材料管理

  • 重要な資産、部品や工具の管理に活用。紛失を防止でき、資産管理業務の効率化が図れます。

製造管理

  • 製造工程での進捗管理に活用。正確かつリアルタイムに状況を確認・把握できます。

受入

  • 受入検品作業に活用。梱包された状態のまま検品できるため、作業時間の大幅な短縮化が図れます。

PLMを見据えた情報の一元化管理

CANとの連携 ※当社独自のICTプラットフォーム(Water Business Cloud)の基盤技術

  • 試運転や維持管理情報までを一貫して紐づけることでPLMを推進します。

設計・手配情報との連携

  • 設計工程との情報リンクに活用。正確かつリアルタイムに手配・製作状況を確認・把握できます。

協力会社

  • 旭シンクロテック株式会社、富士物流株式会社 など多数

このページを見た方はこちらのページも見ています