データを活用したエンジニアリングの効率化

P&IDから3Dプラントモデルまで、エンジニアリングデータの活用を行います。

P&ID
3Dプラントモデル

一貫性のある質の高い設計を実現

単一のデータベースによる管理

  • 機器属性や配管属性などのエンジニアリングデータを統合することで、プラントのライフサイクルにわたって有効な情報を共有できます。

整合性の自動確認

  • スペックドリブンの整合性チェックにより、サイズやコンポーネント(機器や配管)間の接続の不整合などを検証できます。

エンジニアリングの効率化

レポート自動出力

  • バルブや配管付属品、計装品などの自動集計が可能となり、ラインリスト、機器リストなどのレポートをExcelなどに出力することができます。

機電情報の共有化

  • 機電の融合会社であるメタウォーターでは、エンジニアリングデータを共同使用することで、負荷リスト、接点リストなど従来業務で作成していた機電間のやり取りをゼロにしていきます。

このページを見た方はこちらのページも見ています