3Dプリンターの利活用

3Dプリンターの特性を活かし、各分野への適応促進・最適化と効率化を実現します。

最適形状の実現(3D鋼板製消化槽と撹拌機のPRモデル)

従来工法・手法などの制約からの解放

開発分野

  • 従来、コストの点で規格品の組み合わせとならざるを得なかった場合でも、理想的な形状での開発が行え、性能を向上させることができます。
  • 低コストでスピーディーな開発が実現できるため、費用と時間が限られていても、多くのパラメータにて試作品を製作―実験―見極めを行い、比較できます。

設計分野

  • 従来の溶接・接合技術では分割が必須で、部品点数の増加やボルト接合などで重量と工程が増加してしまうような場合でも、部品一体化構造によって部品数と工程を削減し、トポロジー最適化解析による軽量化と高強度を実現します。

サービス業務と営業活動の向上と効率化

サービス分野

  • 納品機器部品が故障し予備品がない場合でも、一時的な緊急対応ができ、設備停止を短縮化します。

営業分野

  • 二次元図面では把握しにくいような場合でも、ミニチュアモデルで設備または機器のイメージをより簡単に関係者と共有でき、要望の具体化を実現します。

このページを見た方はこちらのページも見ています