エンジニアリングの効率化

CADデータ、3Dレーザースキャナーを活用し、現地施工の簡略化を行います。

現場に合わせた安全・仮設計画と施工設計を同時に実施します。

RFIDを活用し材料管理、ピックアップの簡略化、維持管理までを見据えた製品ライフサイクル管理を行います。

P&IDから3Dプラントモデルまで、エンジニアリングデータの活用を行います。

3Dプリンターの特性を活かし、各分野への適応促進・最適化と効率化を実現します。

このページを見た方はこちらのページも見ています