2021年のニュース

ニュースリリース
2021年4月21日

カンボジア王国 プノンペン都初の公共下水道施設整備事業を受注~ 新興国向けに開発した下水処理システム「前ろ過散水ろ床法」を採用 ~

 メタウォーター株式会社(代表取締役社長:中村 、本社:東京都千代田区)と株式会社クボタ建設(代表取締役社長:荒川 範行、本社:大阪市浪速区)で構成する共同企業体は、このたび、日本の政府開発援助(ODA)、無償資金協力案件「プノンペン下水道整備計画」として、カンボジア王国 プノンペン都初の公共下水道施設整備事業を受注しました。

 カンボジアの首都プノンペンは現在、急速な都市化と人口増加により汚水量が増大しており、下水道処理施設の整備が喫緊の課題となっています。そこで、本事業では、プノンペン都の中でも特に水質悪化が著しいチュングエック湖の周辺地域に下水道処理施設、および下水管渠を整備し、汚水処理を適正化することで、プノンペン都の水・衛生環境および地域住民の生活環境を改善します。

 また、本事業では当社の開発技術である、下水処理システム「前ろ過散水ろ床法(Pre-treated Trickling Filter法)」が採用されています。同技術は、当社が新興国向けに開発し、地方共同法人 日本下水道事業団が実施する「海外向け技術確認」を受けており*、すでにベトナム国ホイアン市の下水処理施設(2018年11月完成)で採用された実績があります。

当社は今後も、著しい経済発展に伴う水環境悪化の問題を抱える東南アジア諸国などに、本下水処理システムの積極的な提供を通じて、その課題解決に貢献していきます。


*日本下水道事業団より『海外向け技術確認」を受けた際の技術名は「先進的省エネ型下水処理システム」ですが、本案件で採用された「前ろ過散水ろ床法(PTF法)」と同義です。

本案件の概要

1)案件名

・プノンペン下水道整備計画

2)発注者

・カンボジア王国 プノンペン都 公共事業・運輸局(DPWT)

3)建設場所

・プノンペン都 チュングエック湖周辺地域

4)JV構成企業

・株式会社クボタ建設(代表企業)
・メタウォーター株式会社

5)事業期間

・32カ月

6)工事概要

・下水処理場(処理水量:5,000㎥/日)の建設
・下水管渠敷設(1.9km)

resize0121.jpg調印式の様子
在日本カンボジア王国大使 ウン ラチャナ 氏(左)
クボタ建設 執行役員 東京支社長 瀬戸 昭孝 氏(右)

resize0120.jpg挨拶をする 当社 執行役員 海外本部長 秋川

                  

※新型コロナ感染予防策を講じた上で、撮影用にマスクを外しています。

【ご参考】
本件に関係のある過去のニュースリリースとして、以下をご参照ください。
「日本下水道事業団より海外向け技術確認第一号の技術確認証を授与されました」(2014年3月24日 報道発表)
「当社参画のJVが受注のベトナム ホイアン市の下水処理施設が完成」(2018年11月22日 報道発表)

本件に関する 問い合わせ

メタウォーター株式会社 CSR推進室 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp