2021年のニュース

ニュースリリース
2021年3月25日

平成30年度 B-DASH実証技術がガイドライン化 ~「クラウドを活用し維持管理を起点とした 継続的なストックマネジメント実現システムの実用化に関する実証事業」~

 国土技術政策総合研究所(以下、国総研)から平成30年度 下水道革新的技術実証研究(通称:B-DASH*1 )としてメタウォーター・池田市・恵那市共同研究体が受託した「クラウドを活用し維持管理を起点とした継続的なストックマネジメント実現システムの実用化に関する実証事業」について、このほど、国総研によりガイドライン化されました。

 本実証では、共同研究体である大阪府池田市下水処理場と岐阜県恵那市浄化センターほか5施設の実証フィールドにおいて、下水道施設の設備・機器の維持管理データをICT・クラウドを用いて一元的に収集・整理(蓄積)して活用することで、ストックマネジメント計画策定時の点検・調査費を大幅に低減し、現場の負担を大きく増やすことなく効率的に健全度を算出し計画策定ができることを確認しました。
 また、維持管理データにより算出された健全度判定の有効性に加え、統計解析による性能劣化予測の有効性の確認、さらには、維持管理データを継続的に管理していくことで計画の見直しを行いやすく、継続的なストックマネジメントの実現を促進できることがわかりました。

 なお、下水道革新的技術実証事業において、当社は7件の受託実績があり、ガイドライン化されたのは5件目となります。

 

*1 新技術の研究開発および実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出等を実現し、併せて、本邦企業による水ビジネスの海外展開を支援するために国土交通省が実施している実証事業。
Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Projectの略

 

詳細は、下記の国土技術政策総合研究所のホームページをご覧ください。
http://www.nilim.go.jp/lab/ecg/bdash/bdash.htm

本技術の概要は下記をご覧ください。
https://www.metawater.co.jp/news/2018/05/30-b-dash-ict.html

 

 

報道関係問い合わせ先

メタウォーター株式会社 CSR推進室
広報IR部
TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp