2020年のニュース

ニュースリリース
2020年10月28日

「熊本県有明・八代工業用水道運営事業」の実施契約を締結

 メタウォーター株式会社(社長:中村 、本社:東京都千代田区)が代表企業を務める特別目的会社「ウォーターサークルくまもと株式会社」は10月27日、熊本県と「熊本県有明・八代工業用水道運営事業」(以下、本事業)における実施契約を締結しました。

 本事業は、熊本県企業局が運営している有明工業用水道事業および八代工業用水道事業(以下、両事業)について、公共施設等運営権制度(コンセッション方式)により取水から給水までの事業運営を一括して実施するものです。本事業はコンセッション方式で工業用水道事業を運営する国内初の事例となります。
 本事業の対象となる両事業は、供用開始から約40年が経過したことにより施設の老朽化が進行し、また産業構造の変化などにより生じた未利用水の有効活用など、多くの経営課題を抱えています。中長期的な視点での今後の更新・管理費の確保さらに専門技術や経験を持つ技術者の確保と人材育成も必要となっています。
 こうした課題を解決するため、本事業では、民間の活力や創意工夫を生かし、長期にわたる施設の維持管理・更新などを一体的に実施することで、持続的に工業用水道事業を経営することが期待されています。

 当社グループは、ウォーターサークルくまもとの企業理念である、「くまもとの水を活かし、続ける。地域の明日を支えるために。」のもと、代表企業として、これまで上下水道施設の設計・建設、運転・維持管理業務で培った事業実績とノウハウを提供し、構成企業と連携しつつ、効率的で安定した事業運営の実現を目指します。

熊本県 蒲島知事とウォーターサークルくまもと 松尾代表取締役社長
契約締結式に参加した熊本県、ウォーターサークルくまもとの関係者
(前列左から熊本県企業局 藤本局長、メタウォーター 中村代表取締役社長、熊本県 蒲島知事、ウォーターサークルくまもと 松尾代表取締役社長、西日本電信電話 小林代表取締役社長、後列左から熊本県企業局 永松総務経営課長、メタウォーターサービス 中村代表取締役社長、熊本県弘済会 池田代表取締役社長、ウエスコ 北村代表取締役副社長、熊本県企業局 伊藤工務課長)

事業概要

1)事業名

熊本県有明・八代工業用水道運営事業

2)事業方式

コンセッション方式(公共施設等運営権方式)

3)対象事業

有明工業用水道事業および八代工業用水道事業

4)事業期間

202141日~2041331日(20年間)

5)事業主体

ウォーターサークルくまもと株式会社

ウォーターサークルくまもと株式会社について

1)設立

2020911

2)本社所在地

熊本県荒尾市内

3)代表者

代表取締役社長 松尾 晃政

4)資本金

9,000万円

5)出資企業

メタウォーター株式会社 【代表企業】
株式会社熊本県弘済会
西日本電信電話株式会社
株式会社ウエスコ
メタウォーターサービス株式会社

対象事業の概要 *2020年10月 現在

有明工業用水道事業

・給水能力:33860m3/
・給水事業所数:13カ所
・処理方式:凝集沈殿方式
・管路延長:21.3km(取水・導水・送水トンネル含む)

八代工業用水道事業

・給水能力:27,300m3/
・給水事業所数:25カ所
・処理方式:凝集沈殿方式
10.5km(導水トンネル含む)

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp