2017年のニュース

お知らせ
2017年3月28日

平成26年度 B-DASH実証技術 ガイドライン完成に関するお知らせ~財政難、人口減少等の課題を抱える下水道事業体の持続性確保に貢献~

 高知市・高知大学・日本下水道事業団・メタウォーター共同研究体が平成26年度に受託した下水道革新的技術実証事業(通称:B-DASH)*「無曝気循環式水処理技術実証研究」(国土技術政策総合研究所 委託研究)について、水質基準を満たしながら、消費電力量を標準活性汚泥法と比較して半分以下に削減できることが国土交通省により確認されました。
 その成果を踏まえ、このほど、国土技術政策総合研究所により、本技術の導入ガイドライン(案)が策定されましたのでお知らせいたします。
 本技術は、既存施設内に高速担体ろ床、散水担体ろ床、最終ろ過施設を設置して、送風機による曝気を行わずにBODを除去する省エネ技術であり、広く普及してきた標準活性汚泥法の代替技術です。汚泥発生量の減少による維持管理費の低コスト化にも貢献します。

 B-DASHにおいて当社は4件の受託実績があり、ガイドライン化されたのは、平成23年度に受託した「超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステムに関する実証研究」、同じく平成25年度の「脱水・燃焼・発電を全体最適化した革新的下水汚泥エネルギー転換システム」に続く3件目となります。

* 下水道革新的技術実証事業(通称:B-DASH)とは...
新技術の研究開発および実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能
エネルギー創出等を実現し、併せて、本邦企業による水ビジネスの海外展開を支援するために
国土交通省が実施している実証事業。
Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Projectの略。

* 本件に関する詳細は、国土技術政策総合研究所のWEBをご覧ください。
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/kisya/journal/kisya20170314-1.pdf

* 本技術の概要は、以下の当社ニュースリリースをご覧ください。
https://www.metawater.co.jp/news/2014/0331_2.html

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp