強み

当社の強み

設計・建設(機械技術と電気技術)+運転・維持管理(ノウハウとICT)により、水・環境の諸課題に対するトータルソリューションを提案します。

※コンピュータやインターネットに関連する情報通信技術

機械技術-浄水処理

浄水処理では、セラミック膜ろ過システムやオゾン処理システムなど業界トップクラスの納入実績を有しています。

セラミック膜ろ過システム

セラミックを用いた膜ろ過システムで、高濁度原水でも安定した処理能力を発揮します。省スペースで設置できるとともにメンテナンスが容易で、高強度のため長期間の使用も可能です。

※2:膜ろ過方式を導入している浄水場の水量ベースのシェアを示す

オゾン処理システム

独自のガラスライニング式発生管と高周波インバーター技術により、効率良く高濃度のオゾンを発生させ、処理水の脱臭・殺菌・脱色を行います。

※3:施設に対する納入シェアを示す

機械技術-下水処理

下水処理では、高速ろ過システムや多層燃焼流動炉など業界トップクラスの納入実績を有しています。

高効率固液分離(高速ろ過)システム

風車型の独自ろ材により、不純物・くずなどを高速かつ効率よく除去することができます。また、雨天時での雨水流入水の増加に対する一次処理としても活用されています。

※4:施設に対する納入シェアを示す

多層燃焼流動炉

ゾーン燃焼技術で理想的な燃焼領域を形成することで、N2O※5排出量と燃料使用量を大幅に削減することができます。また、独自の制御技術で運転状況(炉内温度、空気量、燃料使用量)を常時監視し制御することで、安定運転、省人化運転が可能になります。

※5:二酸化炭素の310倍の温室効果ガス
※6:施設に対する納入シェアを示す

電気技術

監視制御技術や電気計装設備など、機械システムの性能は最大限に発揮するための技術力を有しています。

監視制御技術

コントローラ台数の追加で、最大4,000計器の監視制御システムに適応可能です。また、リモートメンテナンス機能により、遠隔でシステムの運転状況を把握することが可能です。

ICT

設備機器情報をクラウド上で共有・活用するためのICTプラットフォーム「WBC(Water Business Cloud)」を開発し、設備データ、ナレッジ、ノウハウをビックデータ化することで、維持管理業務の効率化と将来予測精度の向上に取り組んでいます。

提供する主なサービス