市場動向

国内の市場動向

高度経済成長期に整備された上下水道施設の老朽化が進む中、近年は気象変動により甚大な災害が多発しています。また、自治体では人口減少による料金収入の減少と技術者不足の問題が顕在化しています。
これらへの解決策の一つとして、包括化、広域化と公民連携の方法が検討されています。

上下水道事業費は、20年毎に更新需要が高まる傾向にあります。
今後は、機械・電気設備を含む施設全体や管路の更新需要がゆるやかに増加すると予想されます。

※水道年鑑・下水道年鑑を元に当社にて作成

海外の市場動向

欧州・北米の上下水道市場は規模が大きく、安定成長が期待できます。
引き続き、市場は順調に拡大していくと予測されます。

欧州・北米における上下水道市場の推移

上下水道事業のCAPEXとOPEXの合算値
出所:Global Water Market 2014より当社作成