コンプライアンス

コンプライアンスをたゆみなく実践し、社会から広く信頼されることが当社グループの持続的な成長につながり、その過程で健全な企業風土が醸成されるものと考えています。このような理解のもと、企業行動憲章、社員の行動規範および当社グループが実現・実施すべきコンプライアンス事項の指針となる「コンプライアンス規程」を設け、また、これらを具体的な行動につなげるため各種社内規程を整備し、法令・社内ルール遵守の徹底を図っています。

コンプライアンス分科会

CSR委員会の専門分科会として、法務部を事務局とし、5つのコンプライアンス関係部門の部門長から構成されるコンプライアンス分科会を設置しています。コンプライアンス・プログラムの実施状況の確認・改善、全社教育をはじめとしたコンプライアンス施策の検討・立案、ヘルプライン相談事案の対応などを行っています。これらの対応にあたり、四半期ごとの定例会合のほか、緊急・臨時の会合を開催しています。

コンプライアンス教育

当社グループでは、全国の主要拠点で実施する全社教育、全社eラーニング、役員向け教育や階層別教育など座学形式での教育を実施しています。
2018年度から2019年度にかけて、個人情報保護、情報セキュリティ、ハラスメント防止をテーマに、全社教育を実施しました。2019年度は、5拠点で18回開催し、2年間で延べ2,570人の社員が受講しました。

eラーニング教育の実施実績