事例紹介

事例1 日本初、浄水場全体の更新と運転・維持管理を一括して行うPFI事業

2008年に受託し、2014年から稼働している川井浄水場「セラロッカ」。
当社がSPC「ウォーターネクスト横浜」の代表企業として、運営・管理を行っています。ICTの活用や自然の地形を利用した設計・建設、民間企業の運営ノウハウなどを最大限活用し、従来型浄水場と比較して、効率化、省コスト、環境負荷軽減を実現しています。

神奈川県横浜市 川井浄水場再整備事業

ウォーターネクスト横浜(株)の概要
  1. 設立:2009年1月22日
  2. 事業方式:BTO(Build Transfer Operate)方式
  3. 事業期間/
    建設:2009年4月~2014年3月
    旧施設撤去:2014年4月~2015年3月
    運営:2014年4月~2034年3月
  4. 浄水処理能力:172,800m3/日
  5. 浄水処理方式:セラミック膜ろ過方式採用
国内最大級の膜ろ過施設

横浜の水源地で水源林の保全活動

横浜市などが行っている水源エコプロジェクト「W-eco・p」に参画し、横浜市の水源地である山梨県道志村で水源林保全活動を行っています。
また、その活動の一環として、横浜市内での市民向け啓発イベントなどにも参加し、セラミック膜によるろ過実演を行いました。

事例2 東日本大震災で被災した水産関連施設からの排水を一元的に処理・浄化する料金徴収業務を含む日本初の独立採算型PFI事業

2015年から運転を開始している「フィッシャリーサポートおながわ」は、当社が代表企業を務めるSPCで、宮城県女川町の水産加工団地の排水を一元的に処理・浄化する事業を行っています。
女川の良好な漁場を守り、水産加工施設の早期復旧を支援するために、当社と地元の企業が協力して「フィッシャリーサポートおながわ」の運営にあたっています。

宮城県 女川町水産加工団地排水処理施設整備等事業

(株)フィッシャリーサポートおながわの概要
  1. 設立:2014年2月12日
  2. 事業方式:PFI(Private Finance Initiative)・BTO(Build Transfer Operate)方式
  3. 事業期間/
    建設:2014年4月~2015年9月
    運営:2015年4月~2035年3月
  4. 浄水処理能力:2,000m3/日
  5. 浄水処理方式:加圧浮上+循環式硝化脱窒法+高機能脱水+乾燥
水産加工団地と隣接する排水処理施設

女川町をさまざまなかたちでバックアップ

女川町で開催されるイベントへの協力や、女川町観光協会の協力のもと、本社(東京)と日野事業所で特産品販売会を例年開催しています。また、東京湾大感謝祭に出店し、女川町の特産品をアピールするなど、さまざまなかたちで女川町を支援しています。

「女川町復幸祭」で運営サポートのボランティア
特産品販売会を本社と日野事業所で開催
「おながわ秋刀魚収穫祭」で秋刀魚を焼くボランティア