下水処理・汚泥処理ソリューション

下水処理・汚泥処理ソリューションの仕組み

散気装置、汚泥脱水機、汚泥焼却炉、高速雨水処理システム等機械設備、ならびに下水処理場を運転するための受変電設備、監視制御設備、計装設備等電気設備、これらの設計・製造・施工・維持管理を行っています。また、下水汚泥のガス化・燃料化システムなど水環境分野向けエネルギー技術にも取組んでいます。

ピン をクリックすると詳細情報を閲覧できます

ピン 左のアイコンをタップすると詳細情報を閲覧できます

下水処理ソリューションフロー

晴雨兼用高速ろ過システム
(初沈代替システム)

雨天時の合流改善対策に

  • 既存の最初沈殿池で建設可能
  • 今まで直接放流していた未処理合流下水(3Q超過分)の処理が可能

B-DASH採択技術(H23)

高効率固液分離

下水中の有機物分を効率的に回収

  • 設置スペースを1/3〜1/2まで削減
  • SS、BOD除去率の向上
  • 最初沈殿池代替として導入が可能

超微細気泡型散気装置

曝気風量を大幅低減

  • 最高クラスの酸素移動効率
  • メンテナンスフリー
  • 送風機動力従来型比20〜30%削減

詳細ページへ

複翼式曝気撹拌機

曝気ブロワ動力の大幅削減

  • 曝気ブロワ動力を従来型比50%以上削減
  • 送風設備、脱臭設備を縮小可能

N20抑制技術

地球温暖化の防止に

  • N2Oを数十%も削減
  • 曝気の風量を最適化

同時硝化脱窒処理システム

省エネと処理水質向上を実現

  • 高度処理並みの処理水質を達成
  • 最適な曝気風量制御で省エネを実現

MBR(膜分離活性汚泥法)

放流水質がぐぐっと向上

  • 終沈が不要
  • 反応槽をコンパクトに
  • 既設のスペース有効活用

詳細ページへ

B-DASH採択技術(H26)

無曝気循環式水処理技術

標準法と同等の水質を省エネで実現!

  • 標準活性汚泥法と比べ消費電力53%削減

B-DASH採択技術(H29)

最終沈殿池の処理能力向上技術

増設なしで処理能力を量的または質的に向上

  • ろ過部をプレハブ化することにより、工期と建設コストを大幅にカット

再生水造水システム

処理水を再生して有効活用

  • オゾンとセラミック膜により親水用水基準をクリア
  • 新たな水源としてトイレ用水や散水用水、洗浄水などに有効利用

詳細ページへ

クロスメディアフィルター

全世界で3000機以上の納入実績

  • 砂ろ過の代替として、下水三次処理工程で使用
  • 砂ろ過の1/3と省スペース
  • 大容量逆洗ポンプ、ブロワが不要なため省エネ

詳細ページへ

B-DASH採択技術(H27)

RTN技術(リアルタイム雨水情報ネットワーク技術)

局所的な大雨時の浸水被害を軽減

  • 高度、高精細な雨水の流出予測管理
  • 局所的集中豪雨から街を守る
  • 下水道管理の電力削減

ピン をクリックすると詳細情報を閲覧できます

ピン 左のアイコンをタップすると詳細情報を閲覧できます

汚泥処理ソリューションフロー

JS新技術Ⅰ類選定技術

担体充填型 高速メタン発酵システム

大幅な処理効率の向上

  • 独自の担体充填型鋼製消化槽
  • 従来消化槽の1/4の容積に

低動力高効率消化システム

高濃度に適応した撹拌機で高い消化率を実現

  • 高濃度汚泥×全量消化で汚泥減容を最大化
  • 分解速度が速い高温消化により多くの消化ガスを発生
    ※中温消化での適用も可能

東京都下水道局と共同研究

低温熱風乾燥機

焼却炉排熱を活用して焼却炉の消費燃料を大幅削減

  • 低温熱源(350〜400℃)による乾燥
  • ランニングコスト、温室効果ガス排出量を大幅削減
  • 既設炉への追加設置が可能
  • 既設機器への負荷を変えることなく過負荷運転が可能

B-DASH採択技術(H25)

連携・全体最適化機能

脱水・燃焼・発電を全体最適化する革新的システムの構築

  • システム全体での最適運転ポイントを維持
  • 性状変動に合わせて運転条件を自動決定
  • システム全体の維持管理費、温室効果ガス排出量などを最小化
  • 低含水脱水技術との連携で、補助燃料ゼロ化

詳細ページへ

B-DASH採択技術(H25)

高効率排熱発電技術 (2熱源バイナリー発電)

2熱源の排熱発電技術で発電量を最大化

  • 汚泥のエネルギーを電力に変換
  • 低温排熱と高温排熱の回収利用
  • 創エネ(発電)が可能

JS新技術Ⅰ類選定技術

後注入2液型ベルトプレス脱水機

新設計で低含水を実現

  • 脱水ケーキ含水率5.0%削減(高効率ベルトプレス脱水機との比較)
  • 2液薬注率(対TS): ポリマー1.7%以下/無機20%以下
    嫌気性消化汚泥: TS(機械式)1.6~2.0%、VTS67~70%

低含水脱水技術 (自律型遠心脱水機)

安定的な自燃汚泥を低コストで生成

  • 脱水汚泥含水率をコントロール
  • 安定的に自燃汚泥を低コストで生成

東京都下水道局と共同研究

JS新技術Ⅱ類選定技術

多層燃焼流動炉

燃費とN2Oの同時削減

  • 新設炉だけでなく、既設流動炉への適用も可能
  • 機電融合による自動制御装置にて砂層温度とフリーボード温度を同時制御し安定運転を実現
  • N2O約50%削減、燃費約20%削減
  • O2制御により安定した低空気比運転を実現

詳細ページへ

東京都下水道局と共同研究

流動タービンシステム

システムは負圧なため安全・安心のままで省電力を実現

  • クリーンな空気でタービンを駆動し省電力を実現
  • 消費電力約40%削減

このページを見た方はこちらのページも見ています