開発

目指すは「開発型エンジニアリング企業」です。

メタウォーター独自の新しい価値をもった製品・技術を生み出すために、新製品の開発を行います。
各部門との意見交換を通じて製品のニーズ調査、新製品(開発テーマ)の企画・提案、開発の推進と、学会や学会誌、新聞などでの情報数集、有識者へのヒアリング等で技術動向調査を行います。

新商品はこうしてできる!「開発の流れ」

メタウォーターでは、DR(デザインレビュー)ステップ制による開発推進を行っています。
DRには段階に応じて、開発だけでなく営業・技術・品質保証・サービスからメンバーが参加し、開発製品の品質・コスト・市場性などを判断しています。
通常1~3年くらいの期間を掛けて開発を進めていきます。また、1つの案件を数名のグループ単位で手懸けていきます。

図:	開発の流れ

主な開発分野

水環境分野

独自のキーコンポーネントであるセラミック膜とオゾナイザの融合製品の開発に資源を集中しています。

  • 海水淡水化試験装置(千葉)

  • 各種分析装置(千葉)

  • セラミック膜耐久試験装置(知多)

省エネ・創エネ・資源循環分野

先進の熱操作・発酵・バイオ技術を生かし、循環型社会へ貢献する製品やシステムの開発を行っています。

  • バイオマスガス化発電実験プラント(知多)

  • 循環型多層燃焼実験プラント(知多)

  • リン回収実験プラント(千葉)

トータルサービスソリューション

他社にないオンリーワンのセンサ技術と、人に優しい運転・管理システムの開発を行っています。

  • クリプトセンサ試作機(日野)

  • 高感度濁度計試験装置(日野)

この仕事に関わる先輩

  • 開発
  1. ホーム>
  2. 仕事内容紹介>
  3. 開発

METAWATER 新卒採用サイト

仕事内容紹介

マイナビ2019(新しいウインドウを開きます)
就活クールビズ by OfferBox