常に新たなものを作っている。厳しいけれどやり甲斐がある。 開発 2005年入社 R&Dセンター 環境システム開発部 プラント開発グループ

これがわたしの仕事

大学時代は、医療機器を作る仕事に就きたいと考えていました。エンジニアリングで人の命を救う力になりたいと思っていたからです。当時の日本ガイシに入社を決めたのは、人の健康や暮らしに直結する環境に取り組める仕事は、より多くの人の命を守ることだと思ったことと、それを叶えられる技術力を持ったトップメーカーということで選びました。
わたしが所属している知多R&Dセンターは新たな汚泥熱操作処理技術の開発を行っています。具体的には省エネルギー化、CO2排出量削減といった、環境負荷を下げることを目的とした、汚泥焼却技術や乾燥技術を開発しています。

技術は常に進む、新たな課題が生まれる。

わたしは昨年度まで新しいタイプの焼却炉を開発していましたが、現在は今後の汚泥処理の流れに対応できるような汚泥熱操作処理技術を検討するほか、低燃費汚泥乾燥技術の開発を実施しています。汚泥処理も常に改善改善で技術も機械も日々進化しています。今の課題は脱水機の処理能力の向上により、汚泥の含水率が低くなることに対応した汚泥搬送方法、焼却温度制御方法を考えることです。従来の汚泥搬送方法では対応できなくなるため、低含水であることを活かし、低動力で搬送できる方式を考案しています。また低含水化により焼却温度が上がりすぎることで、焼却炉の燃焼状態が不良になったり、プラント寿命にダメージを与えてしまうので、新たな温度制御方式を考案するほか、熱回収技術や発電技術の検討を実施しています。
難しい部分もありますが、その課題をクリアする製品の開発に取り組んでいます。

メタウォーターの焼却技術を世界へ。

次のわたしの大きな目標として、メタウォーターの焼却技術を世界へ展開したいと考えています。現在の海外プロジェクトは水処理技術が中心ですが、わたしたちのもうひとつの強みである焼却関係の技術を使った開発品を海外に提供することが今のわたしの夢で、メタウォーターが目指している世界の水環境をより良くするという企業理念の実現にもつながります。ぜひわたしの手で海外汚泥プラント一号機を作ってみたいですね。

デイリースケジュール
09:00 連絡会
スタッフ全員で全体連絡や各自のスケジュール確認を行います。
12:00 昼食
食堂でグループ員ほぼ全員一緒に食事をします。
13:00 開発
開発作業に取り組みます。
15:00 休憩
コーヒーブレイクで同僚や先輩とおしゃべりして頭と気分をリフレッシュします。
15:30 実験
研究棟で、新しい燃焼炉の実験を行います。
17:00 小集団活動
若手社員10名位で自主的に勉強会や新しいテーマ探索のワーキング活動をしています。
18:00 退社
帰宅後は会社の教育サポート制度を利用して、コーチングや英会話の勉強をしています。

キャリアパス

学生時代

伝熱媒体の相変化を利用した射出成形金型の高速温度制御を研究する。

1年目

名古屋のソリューション技術部に配属。
愛知万博で、会場で出た食事のゴミを集めてメタン発酵させるごみ処理プラントの設計を担当補佐。

異動

東京へ異動。プラント技術部へ配属になり、下水汚泥脱水設備や汚泥処理プラントの設計を担当する。

現在

4年目以降からプラント開発グループに異動。下水汚泥の熱操作処理技術の開発にあたる。

就職活動中のみなさんへ

まず第一にコミュニケーション能力が社会人にはとても大切だと思っています。ビジネスマナーの"ホウレンソウ" = 報告・連絡・相談が基本で、コーヒーブレイクで同僚や先輩とおしゃべりして頭と気分をリフレッシュします。開発という仕事に向いているのは、イノベーション思考ができる頭の柔らかさはもちろん、それでいて流されずに自分の意見をしっかり持った人がいいなと思います。

マイオフタイム

休日は、主夫をしています(笑)。こんど子どもが生まれるので、妻の負担を軽くするために一週間分の食材を買いに行ったり、掃除や洗濯などの家事をこなしています。趣味としてはサッカーをプレイするのも見るのも好きで、地元の名古屋グランパスをずっと応援しています。

※記事の内容は、取材当時のものです。

  1. ホーム>
  2. 先輩社員紹介>
  3. 開発

METAWATER 新卒採用サイト

先輩社員紹介

マイナビ2018(新しいウインドウを開きます)
就活クールビズ by OfferBox