循環する「生きた水」を創るために、高い技術を駆使するプロフェッショナル集団。 施工管理 2009年入社 プラント建設センター 建設部 第一グループ

これがわたしの仕事

メタウォーターの製品が納入される現場で、現場監督としてお客様との調整や工事に協力してくれる業者さんの指導・管理をしています。物件毎に建設・技術・営業・調達部門の仲間達と一つのチームとして仕事を進めていきます。また、現場での作業のほかにも、技術提案の協力などお客様と技術担当をつなぐ役割をしています。現在は都内の現場ですが、震災直後は施設の仮復旧のために数ヶ月単位で被災地に行ったこともありました。

初めての現場で味わった、ものづくりの醍醐味。

入社して初めて携わった現場は下水処理場でした。反応槽の中にセラミックス製の散気板を数千枚設置するのですが、一枚一枚非常に厳しい精度で設置せねばならず、水をきれいにするために必要な苦労の多さを実感しました。試運転では数千枚の散気板から均一できれいな空気の泡が出た時に、施工の大変さも相まって非常に感動しました。美しく、達成感もあり忘れられない光景です。

多様で高い技術力を知り尽くした、現場のプロになりたい。

メタウォーターは富士電機と日本ガイシという両親会社から受け継いだ独自の技術を多く持っています。そして、更なる技術開発により日々新しい製品を創り続けています。
その中で、わたしは現場のプロフェッショナルとしてステップアップしていくために、セラミック膜ろ過システムや流動床式炭化システム等の未だ携わっていない製品の設置を経験し、メタウォーターの製品全てを取り扱えるようになることを目標としています。
そして、そのキャリアを活かした技術提案等を行い、メタウォーターのこれからに役立ちたいと考えています。

デイリースケジュール
08:30 朝礼
協力業者と朝礼を行います。
09:00 客先挨拶ののち、現場作業開始
お客様に挨拶を行い、作業内容の確認を行います。
以降は状況に応じて現場の巡回、書類作成、社内打ち合わせ等を行います。
12:00 昼休み
休憩時間は職員や協力業者の方とお昼ご飯を食べながら、仕事以外の話をしてコミュニケーションを取ります。
13:00 昼礼・午後作業開始
15:00 休憩・打ち合わせ
休憩を取った後に、翌日の作業内容の打ち合わせを協力業者と行います。
17:15 現場作業終了
最終点検と客先への挨拶を行います。
18:00 退社
家に到着するまでに明日の仕事のことを考えて整理してしまいます。家に到着したら完全にオフです。プライベートの時間はしっかり確保するようにしています。

キャリアパス

学生時代

エネルギーに興味があり、燃料電池に関する研究室で学ぶ。ものづくりに関わる仕事を希望し、ゼネコンに就職。

転職

強みとなる独自の技術を持ち、技術開発に力を入れている企業を求め転職活動。技術力があるだけでなく、それを活かして環境に貢献できることに魅力を感じてメタウォーターに入社。

現在

現場監督として、主に東京都内の下水処理場などで機械設備の設置工事に携わる。
被災地のゴミ処理施設の応援要員として現地に長期出張したことも。

就職活動中のみなさんへ

メタウォーターは水環境のリーディングカンパニーとして、日本国内だけでなく世界にも目を向けて仕事をしていますので、1. 環境問題やインフラ等に興味を持っている、2. それらで社会に貢献したいという考えを持っている、3. そして、様々な問題に打ち勝つために、「自分がなんとかしてやる」という強い意思がある、そんな人が活躍できると思います。そして、建設部は現場でプラントができるのを間近に感じられますので、特にものづくりに対してこだわりを持っている人が向いていると思います。

マイオフタイム

基本的に家で家族とともにのんびりしています。ガーデニングの手入れや水遣りを手伝うことも。家族団らんの際などに、会社でどんなことをしているか良く聞かれます。「水」という身近なものを取り扱っているので、説明しやすく仕事内容にも理解を示してくれて助かっています。

※記事の内容は、取材当時のものです。

  1. ホーム>
  2. 先輩社員紹介>
  3. 施工管理

METAWATER 新卒採用サイト

先輩社員紹介

マイナビ2019(新しいウインドウを開きます)
就活クールビズ by OfferBox