「流水」の様に、とどまることなく、常に進み、変わっていく。 機械・基本  2011年入社 プラントエンジニアリング事業本部 資源再生技術部 第一グループ

これがわたしの仕事

就職活動を始めた時は、明確な目標が定まっておらず、自分を生かせる分野を探していました。そんな中で、メタウォーターの説明会に参加したのですが、その際にお会いした先輩社員の方の仕事にかける熱い想いと自信に満ちた雰囲気などにとても惹かれて、こんな魅力的な社会人に自分もなりたい、この会社に入ってみたいと思ったのが志望のきっかけでした。ちなみにその憧れの先輩に入社してすぐ再会することができました。
今、わたしが担当しているのは、焼却設備・脱水設備の設計です。八王子の水再生センターの焼却炉改良に携わっています。従来の流動炉を多層燃焼流動炉へ改良するため、お客様へ技術提案を行い、焼却炉を設計しています。

基本的に何も分からないことをやり抜いてみる。

学生生活においては、問題を解くにしても研究を行うにしても、自分がこれまで勉強してきた分野だったので、ある程度の道筋と答えが見えていました。しかし仕事は、自分の知っている分野ばかりでなく、一瞬あっけにとられることが頻繁にあります。本当にゼロからのスタートなんだと思いました。わたしは機械出身でも電気出身でもなかったので、架台の強度計算してみてとか接点リスト作ってとか言われた時は途方にくれました。解決する秘訣は、とにかく諦めないことです。分からないことやできないことがあった時、疑問を疑問のままにせず、諦めずにやり抜く。この繰り返しが自分を成長させてくれていると実感しています。

夢はプラントを全ての分野で設計すること。

今取り組んでいる焼却炉施設の他にも、さまざまな分野でさまざまなプラントをメタウォーターは設計、建設していますので、その全てのプラントの設計に携わるのがわたしの目標です。
「流水」の様に、とどまることなく、常に進み、変わっていくのがメタウォーターという会社です。わたしもその一員として、一つの得意分野にとどまることなく、いくつもの専門性を身につけ、環境全体のプロフェッショナルになりたいですね。

デイリースケジュール
08:00 出社
前日の業務を整理し、一日の予定を立てます。
12:00 昼休み
近所の行きつけのカレー屋で同期と会話しながら昼食をとります。
13:00 社内会議
社内で担当案件の内容をチームで検討します。
15:00 現地調査
現場へ行き、お客様や現場担当者に現状の課題やニーズをヒアリングします。
18:00 退社
帰宅後は日課の腕立て伏せをしています。
高校生の時から回数を増やし続け、今では毎日150回、欠かさず続けています。

キャリアパス

学生時代

亜臨界~超臨界流体を用いた炭素繊維強化プラスチックのリサイクル技術の開発に没頭する。

新人時代

入社後、1ヶ月の全社研修の後、機械開発設計グループへ。
3ヶ月周期でいくつもの部門を経験する。
プラント技術部第三グループ(現第二グループ)を3ヶ月、プラント技術部第二グループ(現同左)で3ヶ月OJTを受ける。

現在

プラント技術部第一グループへ、本配属される。

就職活動中のみなさんへ

仕事では、まったく分からないことに直面します。そういう時、解決できる方法を自分で探したり人に聞いたりしながら、なんとしても最後までやり遂げる。そんな姿勢が現場ではとても大切です。失敗したって構いません。なぜそうなったのか、次はどうすべきかを考えることで必ず人は成長します。メタウォーターには、新人の失敗を十分にフォローできる体制が整っていますので、失敗を恐れず何事にも思い切って取り組んでもらえると思います。また、人生の中に無駄は一つもないことを覚えておいてほしいです。これが役に立つのだろうかと思っていたことでも、結構必要となるときがあります。わたしは仕事上で何度か経験しています。今を大事にしてほしいなと思います。

マイオフタイム

休日は、ボランティア活動しています。会社で行っている清掃活動にも参加していますし、子どもが好きなのでボランティア団体で学童キャンプの手伝いなどをしたりしています。先日も丸3日間、マウンテンバイクで子どもたちと思いっきり走り回ってきました。みんなの笑顔から元気パワーをたくさんもらっています。

日課の腕立て伏せ中!

※記事の内容は、取材当時のものです。

  1. ホーム>
  2. 先輩社員紹介>
  3. 機械・基本

METAWATER 新卒採用サイト

先輩社員紹介

マイナビ2019(新しいウインドウを開きます)
就活クールビズ by OfferBox