METAWATER

トリニテックソーター

廃棄プラスチック破袋選別装置

概要

図:廃棄プラスチック破袋選別装置(トリニテックソーター)

従来、他の可燃ごみと一緒に焼却処理されてきたプラスチックごみは、近年における再資源化技術の進歩により、再生資源として有効利用できるようになってきました。

しかし、廃棄されたプラスチック類に混入している汚れが付着した物や中身が残った物、金属などの異物は、再生化プロセスに影響を与えるため、事前に取り除く必要があります。

廃棄プラスチック破袋選別装置「トリニテックソーター」は、廃棄プラスチックとそれに含まれる異物の特性に着目し、軽量プラスチックと重量プラスチックを高精度で選別する画期的な装置です。

特長

1. 高い選別精度

従来の破袋装置と選別装置(風力選別等)の組み合せと比べ、高い選別精度が得られます。

2. 作業人員の削減が可能

前選別精度が高いため、手選別にかかる負担が軽減でき、手選別人員の削減につながります。

3. 省スペース

手選別作業にかかる負担が軽減されることから、コンベヤを短縮することができ、空調設備などが必要な手選別室をコンパクトに設計することができます。

4. 多様なごみ質へ対応

選別装置の各種要素(送風量・ローター回転数・傾斜角度)を調整することで多様なごみ質への対応が容易です。

5. メンテナンスが容易

破袋装置のローター軸が特殊な構造のため、異物の絡みつきが少なく、またクリーニング機能により絡まった物が自動除去されるので、メンテナンスにかかる負担を軽減します。

プラントエンジニアリングTOPへ

サービスソリューションTOPへ

研究開発TOPへ

  1. ホーム>
  2. 事業紹介>
  3. サービスソリューション>
  4. 資源リサイクル>
  5. 廃棄プラスチック破袋選別装置

このページの先頭へ