METAWATER

水循環テクノロジー

上水の高度処理

上水分野では、独自技術であるセラミック膜ろ過システムやオゾナイザを適用して、安全でおいしい水を提供する技術開発を推進しています。

  • 微粉炭添加セラミック膜ろ過システム
  • AOPシステム

微粉炭添加セラミック膜ろ過システム

水質苦情の主要因として挙げられる異臭味(カビ臭等)除去への対応として、従来から採用されている粉末活性炭を更に微粉砕して除去効率を大幅に向上するとともに、セラミック膜ろ過で分離することで、より安全でおいしい水を提供するシステムを開発しました。

図:微粉炭添加セラミック膜ろ過システム

AOPシステム(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理)

オゾンを利用した高度浄水処理プロセスにおいて、より強力な酸化力を確保し、かつ省エネルギー化を可能とする次世代型の「AOP併用接触池」の開発を進めており、特に水質汚濁の進んだ原水への適用を進めています。また、本技術は下水の再利用などを目的としたプロセスにも展開を図っています。

  • 前段の出口溶存O3濃度により、前段と後段のO3注入量および後段のH2O2注入量を制御

≪効果≫

  • 従来の溶存オゾン制御機器で対応可能
  • 前段でTHMFP(※※)を十分に除去し、後段でオゾン難分解物質分解と臭素酸イオンの生成を抑制
    →臭素酸生成リスクの高い原水に最適

    ※THM(Trihalomethane:トリハロメタン)
    ※※THMFP(THM Formation Potential:トリハロメタン生成能)

  • オゾン注入率の削減、省エネルギー

図:AOPシステム

プラントエンジニアリングTOPへ

サービスソリューションTOPへ

研究開発TOPへ

  1. ホーム>
  2. 事業紹介>
  3. 研究開発>
  4. 上水の高度処理

このページの先頭へ