METAWATER

O&Mテクノロジー

メタウォーターガジェットシステム

メタウォーターガジェットシステムは、水環境施設の維持管理において、監視業務や保全業務を支援する装置やソフトウェアの総称です。メタウォーターでは、常にユーザーのニーズに応えるサービスアイテムを開発・提供し続けます。

メタウォーターでは、次のことを目指して本システムの開発を行っています。

  • 保守性向上:機器の交換部品、消耗品情報等の詳細情報入手
  • 信頼性向上:故障検出と解析情報入手
  • 機能性向上:コンポーネントの高付加価値化、ガイダンス

本システムは、維持管理に特化した様々な保守データを、監視制御システムと別ルートで収集することによって、既設監視制御システムに影響を与えることなく、維持管理の効率化と品質の向上を図ることができます。また、維持管理に関する保守データを本システムで処理させることによって、従来の監視制御システムの負担を軽減し、監視制御システムの機能・性能を最大限に発揮させることができます。

メタウォーターでは、常に新しい技術に挑戦するとともに、従来の設備・技術を生かしながら、水処理分野の発展に取り組んでいます。

システム構成

図:メタウォーターガジェットシステム構成図

GSA(Gadget Service Adapter)

写真:GSAの正面写真

GSAの正面写真

本システムにおいて、フィールドデータの収集・蓄積・異常検出を低コストで容易に実現するために、右のようなコンパクト(外形寸法:W148mm×D105mm×H30mm)で高機能なGSAを開発しました。

GSAは入力された信号を加工・蓄積し、必要なときにGS-net(フィールドネットワーク)を通して外部に配信することができます。

アプリケーション

ガジェットアプリケーション開発例

目的 ガジェットアプリケーション
省力化・無人化 簡易監視、水質計監視システム
高機能運転支援 水質計応用システム、制御性能評価
予知保全 設備相関警報、機器振動測定、セラミックフィルタ診断
維持管理一般 GHGメーター、RASデータ自動送信

下図は、水質監視システムにおけるガジェットアプリケーションの適用例です。メタウォータ-の水質計である「高感度濁度計」は、水質管理に有用な水質演算結果や保守に必要な消耗品の取替え時期等のデータを持っています。そのデータは、高感度濁度計とガジェットシステムを接続することによって、リモートで容易に閲覧できるようになるのです。

図:水質計監視システム

プラントエンジニアリングTOPへ

サービスソリューションTOPへ

研究開発TOPへ

  1. ホーム>
  2. 事業紹介>
  3. 研究開発>
  4. O&Mテクノロジー>
  5. メタウォーターガジェットシステム

このページの先頭へ