METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2017.09.27

平成29年度 下水道革新的技術実証事業 「最終沈殿池の処理能力向上技術実証研究」安全祈願祭・起工式を開催

 メタウォーター株式会社(社長:中村 靖、本社:東京都千代田区)は、国土交通省が実施する平成29年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)*1において採択された「最終沈殿池の処理能力向上技術実証研究」の施設建設工事にあたり、安全祈願祭および起工式を9月27日に実証フィールドである長野県松本市両島浄化センターにて開催しました。
 安全祈願祭には、松本市上下水道局 守屋 千秋局長、地方共同法人 日本下水道事業団 技術戦略部 日高 利美部長、当社の奥田 昇プラントエンジニアリング事業本部長など本実証事業*2の関係者約20人が出席し、続いて行われた起工式では、事業概要説明や実証施設の現場見学も行われました。
 
*1 下水道革新的技術実証事業(通称:B-DASH)とは…
  新技術の研究開発および実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出等を実現し、併せて本邦企業  による水ビジネスの海外展開を支援するために国土交通省が実施している実証事業。
 Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Projectの略。
*2 実証研究は、国土技術政策総合研究所の委託研究としてメタウォーター株式会社・日本下水道事業団・松本市共同研究体として実施。
 
【本実証研究の概要】
 本実証研究では、最終沈殿池に「ろ過部」を組み込むことで、従来の最終沈殿池では困難であった、既存処理能力以上の流入水量を処理可能(量的向上)、あるいは計画処理水量において、処理水質を急速ろ過水並みに向上(質的向上)できることを実証します。
 なお、実証研究後は、国土技術政策総合研究所における技術導入ガイドラインの作成など、全国への普及展開に向けての取り組みが進められます。
 
 <関連ニュースリリース>
「最終沈殿池の処理能力向上技術実証事業」が平成29年度B-DASHプロジェクトに採択(2017年4月21日付)
https://www.metawater.co.jp/news/detail/201704213rA.html


挨拶する松本市上下水道局 守屋局長


挨拶する日本下水道事業団 日高技術戦略部長


挨拶する当社奥田本部長


地鎮の儀

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 CSR推進室 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2017年>
  4. 平成29年度 下水道革新的技術実証事業 「最終沈殿池の処理能力向上技術実証研究」安全祈願祭・起工式を開催

このページの先頭へ