METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2017.03.16

秋田県「八橋油田随伴水処理実証プラント」の竣工式を開催

 国際石油開発帝石株式会社(社長:北村 俊昭、以下「INPEX」)、千代田化工建設株式会社(社長:澁谷 省吾、以下、「千代田」)、メタウォーター株式会社(社長:中村 靖、以下、「メタウォーター」)の3社(以下、「受託3社」)は、本日、秋田県「八橋油田随伴水処理実証プラント(以下、「本実証プラント」)」の竣工式を執り行いましたので、お知らせいたします。
 
 本件は、受託3社が2015年7月に独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構の技術ソリューション事業(技術開発・実証プロセス)(フェーズ2)として「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」(以下、「国内実証」)に関する作業を受託し実施しているもので、本実証プラントは、INPEX秋田鉱場外旭川プラント内および隣接地(秋田県)に建設され、メタウォーターのセラミック膜ろ過システムを用いて油田の随伴水を処理する技術を実証するための小規模実証試験設備です。
 本実証プラントは、2016年8月に建設が着工され、本年1月に完工し、試運転を経て3月より実証試験(約7カ月を予定)を開始しています。

                                                                   竣工式の様子                                                              実証プラント外観

 今後、受託3社は、このセラミック膜を用いた随伴水処理技術を確立させ、原油生産における経済性の向上、油田の延命化並びに環境負荷軽減につなげることを目指し、環境に配慮したエネルギーの安定的かつ効率的な供給に貢献すべく、「国内実証」に鋭意取り組んでいきます。

【本実証プラントの概要】

プラント名: 八橋油田随伴水処理実証プラント
主要設備: メタウォーターのセラミック膜ろ過装置、脱塩装置他
プラント処理能力: 日量150キロリットル
使用する水: 八橋油田の随伴水
処理水性状: 秋田県における河川放流基準を満たすことを目標とする
【実証試験フロー図】




【セラミック膜ろ過装置】


* 「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」を受託 (2015年7月24日付)
 http://www.metawater.co.jp/news/detail/201508043oK.html


本件に関するお問い合わせ

国際石油開発帝石株式会社
千代田化工建設株式会社
メタウォーター株式会社
広報・IRユニット
IR・広報・CSRセクション
CSR推進室 広報IR部
TEL: 03-5572-0233
TEL: 045-225-7734
TEL: 03-6853-7317
e-mail: pr@metawater.co.

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2017年>
  4. 秋田県「八橋油田随伴水処理実証プラント」の竣工式を開催

このページの先頭へ