METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2017.02.09

ミャンマー向け車載式セラミック膜ろ過装置を受注

  メタウォーター株式会社(社長:中村 靖、本社:東京都千代田区)は、パートナー企業であるトレンディ―グループ(代表者:Mr. Than Ohn)*1より、危機管理能力の向上、および災害発生時の緊急対策を目的とした、ミャンマー国 農業・畜産・灌漑省向け「車載式セラミック膜ろ過装置」を受注しましたのでお知らせいたします。
 
 当社はビジネスパートナーであるトレンディ―グループと協力して、2014年 2月よりミャンマー国内にて車載式セラミック膜ろ過装置の実証デモンストレーションを継続的に行っており、併せて、2013年 9月には、厚生労働省から発注された「水道プロジェクト計画作成指導事業」を受託し、現地の水環境、および車載式セラミック膜ろ過装置のニーズ調査を実施してきました。また、2015年 8月にミャンマーを襲った大洪水時に、そのデモンストレーションで使用していた装置を用いて、カレーミョ(Kalay)地域、およびその周辺の被災者に対し飲料水を供給し、その自発的・奉仕的活動が認められ、ミャンマー国 家畜・漁業・地方開発省(当時)より感謝状を授与されました*2。これらの活動の結果、本装置の緊急災害時の必要性、ならびに災害時でも安全かつ高水準の浄水処理能力が、ミャンマー政府に評価され今回の受注に至りました。
 
 今後もミャンマー国のみならず、災害発生時の緊急対策用、および移動式浄水装置として、安全な水が行き届かない地域への販売拡大を目指します。

事業概要

1) 提供する装置

 車載式セラミック膜ろ過装置

2)発注者

 ミャンマー国 農業・畜産・灌漑省

3)納入予定年月

 2017年 3月

4)装置の特徴

 ・災害時の高濁度原水でも安定した水質・水量の浄水を供給
 ・膜孔径が0.1μmであるため、クリプトスポリジウムを始めとした原虫類並びに大腸菌等の細菌類を除去可能
 ・膜破損のないセラミック膜を採用
 ・発電機をトラックに搭載しているため公共電力のない場所でも運転(浄水処理)が可能


        
     車載式セラミック膜ろ過装置            *2ミャンマー政府からの感謝状

       
       洪水の様子                        給水活動の様子


*1 ミャンマーで車載式セラミック膜ろ過装置の販売を開始
http://www.metawater.co.jp/news/2014/0219_02.html


本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp
 

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2017年>
  4. ミャンマー向け車載式セラミック膜ろ過装置を受注

このページの先頭へ