METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2016.06.20

紫外線LED(UV-LED)を用いた浄水向け紫外線照射装置を開発
~世界トップクラスの高出力UV-LEDにより処理水量2,000㎥/日を可能に~

   メタウォーター株式会社(本社:東京千代田区 代表取締役社長 木田 友康)は、世界トップクラスの高出力「紫外線LED(以下、「UV-LED」)」を光源に用いた処理水量2,000㎥/日の浄水向け紫外線照射装置の開発に目処をつけました。今後当社は、2017年度中の発売を目指すとともに、ラインナップを充実させ、将来的には処理水量20,000㎥/日の実現を目指します。

開発の背景

   浄水処理において、クリプトスポリジウムなどの耐塩素性病原性原虫対策の一つとして紫外線による不活化があります。現在、水銀ランプを用いた紫外線照射装置が一般的ですが、2013年10月開催された国連環境計画(UNEP)の外交会議で、水銀汚染防止に向けた国際的な水銀規制に関する「水銀に関する水俣条約(以下、「水俣条約」)」が採択され、我が国では、2016年2月に「水俣条約」の締結が閣議決定されるなど、世界的に水銀の規制強化が進む中、安全性の高い「UV-LED」を用いた紫外線照射装置のニーズが高まっています。
 今回開発の紫外線照射装置は、当社が長年培った水処理技術と世界トップクラスの高出力「UV-LED」により、業界初となる処理水量2,000㎥/日を可能にするものです。現在国内において、クリプトスポリジウム対策の観点で紫外線照射装置の導入を検討している浄水場は、約1,800カ所あると推測*され、早期の製品化により、スムースな導入をはかります。
 今後当社は、LEDの特徴である「省エネ」「長寿命」を実現する、次世代型紫外線照射装置の開発を進め、水道事業におけるコストダウンに応えるともに、安全で安心な水道事業の継続に貢献していきます。
* 当社推測による。

紫外線照射装置イメージ



本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2016年>
  4. 紫外線LED(UV-LED)を用いた浄水向け紫外線照射装置を開発

このページの先頭へ