METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2016.04.01

当社グループ出資の薬品会社「ハイブリッドケミカル(HBC)」に新たに2社が参画
~上下水道施設のメンテナンス・アフターサービスに携わる4社が薬品事業で連携~

 当社グループのメタウォーターサービス株式会社(以下「メタウォーターサービス」)と月島テクノメンテサービス株式会社 (以下「月島テクノメンテサービス」)との共同出資による薬品会社であるハイブリッドケミカル株式会社(以下「HBC」)に、本年4月1日付で、石垣メンテナンス株式会社(以下「石垣メンテナンス」)、株式会社水機テクノス(以下「水機テクノス」)の2社が新たに出資参画することとなりました。
 
 国内の上下水道事業は施設の老朽化が進み、改築・更新の必要性が高まる一方で、多くの事業体は財政難や技術者不足といった課題を抱えています。その課題解決のひとつとして民間企業の技術・ノウハウ、人材、資金などを積極的に活用するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:官民連携)事業が期待されています。PPP事業の一環として浄水場や下水処理場の運転管理を民間に委託する動きが活発になる中、運転管理では処理過程における薬品使用の最適化が求められています。
  浄水場や下水処理場の運転管理業務を受託してきたメタウォーターサービスと月島テクノメンテサービスの2社は、この課題の解決に貢献するため、2014年4月1日に薬品会社HBCを共同で設立し、事業を展開してきました。今回、石垣メンテナンスと水機テクノスの2社が新たに加わることで、HBCの売上高は約20億円から30億円規模に拡大するため、マスメリットによる収益力向上が期待されます。また、4社の差別化商品を軸とした各種薬品のラインナップが拡充されることで、より最適な薬品ソリューションの提案が可能になります。
 さらに本年度、クラウド型プラットホーム「WBC(ウォータービジネスクラウド)」を用いた電子商取引システムを導入して、受発注業務の簡素化による経費削減とリアルタイムの進捗管理による利便性向上との両立をはかります。
 
 HBCは、引き続き企業拡大をはかることで、「マスメリットによる収益力」と「商品ラインナップの拡大による最適な薬品ソリューション技術力」を高め、上下水道に係るPPP事業の発展に貢献していきます。




ハイブリッドケミカル株式会社(HBC)の概要

商号 ハイブリッドケミカル株式会社  (英語表記) Hybrid Chemical Co., Ltd
所在地 東京都江東区佐賀1丁目3番7号
代表者 代表取締役社長 五味 保人
事業内容 工業用薬品・燃料等の販売、水質に関する技術検討、機器・部品販売、
その他上記に付帯する事業
設立年月日 2014年4月1日
ホームページ http://www.hybridchemical.co.jp/

関係各社のホームページ

メタウォーターサービス株式会社 http://www.metawaterservice.co.jp/
 
月島テクノメンテサービス株式会社 http://www.t-tms.co.jp/
 
石垣メンテナンス株式会社 http://www.ishigaki-mnt.co.jp/
 
株式会社水機テクノス http://www.suiki-tec.jp/

 

関連ニュースリリース

月島テクノメンテサービスとメタウォーターサービスの共同出資による薬品新会社の設立について
https://www.metawater.co.jp/news/2014/0401.html



本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2016年>
  4. 当社グループ出資の薬品会社「ハイブリッドケミカル(HBC)」に新たに2社が参画

このページの先頭へ