METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2016.03.28

下水道資源の有効活用に貢献 宇都宮市 川田水再生センター 消化ガス発電起電式を開催
~下水処理施設における国内最大級 8台のリン酸形燃料電池が稼働~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田友康、以下「メタウォーター」)は、栃木県最大の下水処理水量をほこる川田水再生センター(栃木県宇都宮市、市長:佐藤 栄一)の消化ガス発電施設建設等工事を、2014年に代表構成員としてメタウォーター(株)、構成員として宇都宮市内の電気工事業者である協新電工(株)、(株)美工電気の3社による建設共同企業体で受注し、建設を進めて参りました。この度、下水処理施設から発生する、消化ガスを活用したリン酸形燃料電池による発電方式では、国内最大級の施設が竣工し、本年4月より運転を開始する運びとなりました。
これを記念して、本日、宇都宮市主催で「川田水再生センター 消化ガス発電起電式」が開催されましたのでお知らせいたします。
 

消化ガス発電設備について

川田水再生センターでは、下水処理の過程で年間約330万N㎥のバイオガス(メタンを主成分とした可燃性のガス)が発生しています。
宇都宮市上下水道局は、このバイオガスを有効活用するため、リン酸形燃料電池を利用した発電設備を導入し、下水資源の有効活用と発電電力を売電することで収益につなげていきます。
燃料電池発電設備は、下水汚泥より発生するバイオガスの主成分であるメタンから水素を取り出し、空気中の酸素と化学的に反応させることで、電力を創る発電装置になります。発電効率が高く、メンテナンスが容易、化学反応を利用して発電するため、騒音・振動がほとんどなく、排ガスの発生がないなどの特徴があります。

下水汚泥を活用する発電設備としてFIT*1に認定

本設備は、「電気事業者による再生可能エネルギーに関する特別措置法」に基づき再生可能エネルギー発電設備の認定を受けています。
*1 資源エネルギー庁が再生可能エネルギーで発電された電気を、電力会社が一定期間、固定価格で買い取ることを義務づけ
    た制度


燃料電池を使用した消化ガス発電設備

川田水再生センター 消化ガス発電施設の概要

発電能力

840kW (105kW×8台)

発電方式

リン酸形燃料電池

年間発電電力量(最大)

約717万kWh/年
※一般家庭の約2,000世帯分の年間電力使用量に相当

事業費

1,738,800,000円(税込)

売電開始日

2016年4月1日
 

発電起電式概要

開催日 : 2016年3月28日(月) 10:00~10:30 
開催場所 : 宇都宮市上下水道局 川田水再生センター 
〒321-0111 栃木県宇都宮市川田町240番地

発電起電式には宇都宮市市長の佐藤 栄一氏をはじめ、多数の関係者が参加しました。

起電スイッチを押す佐藤市長(右から二番目)と津田上下水道事業管理者(右端)


セレモニーを記念して集合写真


 

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2016年>
  4. 下水道資源の有効活用に貢献 宇都宮市 川田水再生センター 消化ガス発電起電式を開催

このページの先頭へ