METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2015.11.20

桂沢浄水場更新事業 建設工事請負契約を締結
~北海道・桂沢水道企業団のDB事業~

メタウォーター株式会社(社長:木田友康、本社:東京都千代田区 以下「メタウォーター」)を代表企業とする特定建設工事共同企業体 以下「JV」)は、このたび、北海道・桂沢水道企業団の桂沢浄水場更新事業について、建設工事請負契約を締結しましたのでお知らせします。

本事業は桂沢水道企業団水道用水供給事業における根幹の浄水場である桂沢浄水場の施設を全面更新し、DB(Design Build:設計・建設)方式により膜ろ過設備を導入するものです。桂沢浄水場の原水は、高濁度に加え臭気成分、溶解性マンガンやアンモニア性窒素の共存、また原虫類のクリプトスポリジウムが検出される水質を有しています。このような水質に対し、適切な前処理と高度浄水処理としてのセラミック膜ろ過設備を採用したシステムを導入することで、より良質で安全・安心な用水の安定供給を実現します。

メタウォーターはJVの代表企業として、豊富な事業実績を生かし、企業団構成3市に良質で安全・安心な水をお届けするため本事業を全力でサポートしていきます。

事業概要

1)事業名

桂沢浄水場更新事業 設計及び建設工事

2)事業場所

北海道三笠市西桂沢407番地他

3)契約金額

8,300百万円(税抜き)

4)請負者

メタ・岩田地崎・東京設計特定建設工事共同企業体
 〈構成企業〉
企業名 役割
メタウォーター株式会社
北海道営業所
代表企業
プラント機械企業、プラント電気企業
岩田地崎建設株式会社 土木建築企業
株式会社東京設計事務所
東京支社
設計・工事監理企業










5)事業範囲

①調査業務
   周辺環境調査、測量調査、地質調査、試掘調査、電波障害調査、説明会等補助
②設計および工事監理業務
  基本設計、詳細設計、本事業に関わる各種申請書類等の補助、工事監理業務
③建設工事
  ・新設施設の建設工事(土木建築、水処理プラント設備の工事および試運転調整)
  ・既設施設の有効利用化整備
  ・撤去施設の撤去工事(遊休建築物等取壊しおよび処分)
  ・運転マニュアル作成
  ・設備台帳作成
  ・運転指導業務

6)事業期間

2016年4月1日~2022年2月28日(新浄水場の供用開始は2021年3月予定)

7)事業方式

DB方式

8)施設概要

計画最大送水量:36,219㎥/日
浄水処理方式:セラミック膜ろ過方式 

 

<セラミック膜ろ過システム>
 

セラミック膜エレメント
                                                                     セラミック膜エレメント

セラミック膜ろ過システムは、従来の緩速、急速ろ過方式と同等以上の処理水質を確保できる上、施設の維持管理が容易で効率的な運転を行うことができます。
さらに緩速、急速ろ過方式に比べ省スペースであり、跡地利用も可能です。

 

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

以上


  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2015年>
  4. 桂沢浄水場更新事業 建設工事請負契約を締結

このページの先頭へ