METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2015.11.26

シンガポール初のセラミック膜ろ過浄水場
~戦略的提携先オランダPWNT社のCeraMac®システムを採用~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木田 友康、以下「メタウォーター」)の戦略提携先であるオランダのPWNテクノロジーズ社(本社:オランダ Velserbroek  CEO:ジョナサン クレメント、以下「PWNT」)のCeraMac®システムが、シンガポールのNational water agency Public Utility Board(シンガポール公共事業局)が発注したChoa Chu Kang 浄水場 (以下「CCK浄水場」)に採用されることが決定しました。CCK浄水場はシンガポールで初めてセラミック膜ろ過方式を導入する浄水場で、また、世界最大級のセラミック膜ろ過施設の一つとなります。メタウォーターはPWNTとの提携に基づきCeraMac®システムにセラミック膜を供給する予定です。
 
メタウォーターは本年5月に策定した中期経営計画で、海外事業を成長分野と位置づけ、アジアでは官民連携を通じた事業基盤づくりに取り組む方針としています。
メタウォーターは、2013年6月、PWNTとの間で、CeraMac®システムの国際的な市場拡大を目的として戦略的提携関係を構築し*、活動を展開してきました。CCK浄水場においても、CeraMac®システムを用いたデモプラントでの長期にわたる実証実験にメタウォーターはセラミック膜を提供し、その効率性と安定性を実証しました。このたび、CCK浄水場にCeraMac®システムが導入されることが決まり、メタウォーターがセラミック膜を納入することが、現地でも話題となっています。CeraMac®システムへのセラミック膜の納入はオランダAndijkⅢ浄水場に続き2例目となります。


CCK浄水場の概要

1. 元請施工者      :UGL (Singapore) Pte Ltd
2. 稼働開始       :2018年
3. 処理規模       :約18万㎥/日
                            
 
* PWNテクノロジーズ社との戦略的提携については、以下のリリースを参照ください。 
 http://www.metawater.co.jp/news/2013/0701.html

                  
                 CeraMac®システム              セラミック膜エレメント(CeraMac®システムに供給)
                                            

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2015年>
  4. シンガポール初のセラミック膜ろ過浄水場

このページの先頭へ