METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2015.07.24

「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」を受託

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木田 友康、以下メタウォーター)は、国際石油開発帝石株式会社(本社:東京都港区、社長:北村俊昭、以下「INPEX」)、千代田化工建設株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:澁谷省吾、以下「千代田」)の3社(以下「受託3社」)で、独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「JOGMEC」)が実施する、『技術ソリューション事業(技術開発・実証プロセス)(フェーズ2)「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」』(以下「国内実証」)にかかる公募に応募し、国内実証に関する作業を受託しましたので、お知らせいたします。

なお、INPEXが受託3社を代表して受託作業にかかる契約をJOGMECと締結しました。

本国内実証は、およそ2年半の期間にわたって、メタウォーターのセラミック膜ろ過システムを用いてINPEXが操業する秋田県八橋(やばせ)油田の随伴水を処理する技術を実証するための試験を行うものです。

このセラミック膜を用いた随伴水処理技術が確立されれば、原油生産における経済性の向上、油田の延命化並びに環境負荷軽減につながることが期待され、受託3社は、本技術を確立させることで、環境に配慮したエネルギーの安定的かつ効率的な供給に貢献してまいります。

国内実証の概要

件名: JOGMEC平成27-29年度技術ソリューション事業(技術開発・実証プロセス)(フェーズ2)「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」
実施期間: 契約締結日~平成30年1月31日
実施内容: 油田からの随伴水をメタウォーターのセラミック膜ろ過システムを用いて処理する技術の国内小規模実証試験
実施場所: INPEX 国内事業本部東日本鉱業所 秋田鉱場 外旭川プラント内及び隣接地(秋田県)
使用する水: INPEXが操業する秋田県八橋油田の随伴水
処理水性状: 秋田県における河川放流基準を満たす
装置能力: 随伴水処理能力 日量150キロリットル

小規模実証試験フロー図

セラミック膜水処理技術概要

使用する膜: 上下水道施設等で使用されているセラミック膜エレメント(下の写真)
水処理目的: 水に含まれる浮遊物質(SS:Suspended Solid)並びに油分の除去
使用実績:
SS分の処理としては、浄水場水処理設備分野において17年以上の使用実績があり、浄水膜としては国内シェアの40%以上を占め、海外においても、オランダ、米国、韓国、ノルウェーなどへの納入実績がある。
油分を含む随伴水処理に関しては、平成25-26年度に国内においてベンチ試験(随伴水処理能力 日量約3.6キロリットル)を実施しており、SS分に加え油分の除去においても当初期待した性能を確認している。

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 CSR推進室 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2015年>
  4. 「セラミック膜による随伴水処理技術の小規模実証試験」を受託

このページの先頭へ