METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2015.04.23

当社とNTTデータが連携し上下水道事業向けIoTサービスで協業

当社はこのほど、株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)との間で、上下水道事業向けIoTサービス分野において協業することで、基本合意しました。

当社が提供している、浄水場・下水処理場内のプラント監視および流量・水圧・残塩濃度などの監視シス テム(以下:広域監視コンテンツ)に、NTTデータが新たに開発したIoTクラウド基盤を連携し動作させることで、より高性能な監視サービスとして 2015年度下期に両社で展開していく予定です。

本件を機に、当社とNTTデータは、広域監視サービスを主体としたWBCの販売連携のほか、IT分野のみならず、公共上下水道事業分野における全般的なビジネスの連携についても検討を進めます。

背景

国内の公共上下水道事業は、より効率的な事業運営を行うべく、民間への事業運営委託や、民間資本導入による経営・包括委託へのシフトが今後ますます加速化していくことが見込まれています。※

NTTデータと当社は、今後、公共上下水道分野におけるIT活用ニーズがこれまで以上に高まるととらえ、2014年5月より、公共の上下水道分野における効果的IT活用の実現に向けて、共同で検討を続けてきました。

検討の結果、センサーを活用したIoT技術による情報収集や、ビッグデータ分析の領域においてIT活用の有効性が確認できたことから、その中核となるIoTクラウド基盤を新たに構築し、連携して上下水道事業向けIoTサービスを展開することで合意しました。

協業内容

2015年度下期に、当社が提供している、上下水道事業をサポートするクラウド型プラットホーム 「WBC(ウォータービジネスクラウド、以下:WBC)」における広域監視コンテンツと、新たに開発したIoTクラウド基盤を組み合わせ、より高性能な サービスとして提供する予定です。

<提供サービス>

当社が独自に開発したWBCの広域監視コンテンツ等を、NTTデータが提供するIoTクラウド基盤上 で動作させることで、テレメーター装置等、従来特定のフィールド端末装置等が必要だった広域監視業務に、耐環境性にも優れ、かつ汎用的に入手可能なマイク ロサーバなどのさまざまな端末装置を用いることが可能となります。さらに従来に比べ、画像データの適用やデータ収集頻度を上げるなど、各種機能を向上させ ます。

<両社の役割>

当社:WBCの監視サービスのコーディネートおよび販売
NTTデータ:IoTクラウド基盤の提供

IoTクラウド基盤の概要

本IoTクラウド基盤は、主に以下の4つの機能を有するサービスです。水道事業分野のみならず、センサーや装置等から情報を収集、蓄積、保守、管理する機能を有し、ビッグデータ分析を行うための基盤として、また、さまざま領域で活用が可能なIoT(M2M)サービスです。
・現場での接続機能:フィールド(現場)における各種装置・センサー・無線装置などと接続を可能とする機能
・通信環境対応:フィールド端末とクラウドとをつなぐさまざまな通信回線に対応する機能
・情報処理機能:センサーから収集した、多量のデータ・画像を瞬時に処理・蓄積する機能
・センター機能:お客さまの優れたコンテンツと連携する機能、24時間365日の監視保守機能

※経済産業省「水ビジネス国際展開研究会」(第3回)配布資料3「図2-2 世界水ビジネス市場の事業分野別・業務分野別成長見通し」より

本件に関するお問い合わせ

CSR推進室 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2015年>
  4. 当社とNTTデータが連携し上下水道事業向けIoTサービスで協業

このページの先頭へ