METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2014.9.1

平成26年度二国間クレジット制度(JCM)の構築に係る案件組成調査を受託
~プノンペン水道公社における浄水場設備の高効率化によるエネルギー削減~

メタウォーター株式会社(社長:木田 友康、本社:東京都千代田区)および株式会社松尾設計(代表取締役:松尾 禎泰、本社:福岡県北九州市)は、環境省が実施する「平成26年度二国間クレジット制度の構築に係る実現可能性等調査委託業務」において、カンボジア国プノンペン水道公社におけるCO2削減を共同で提案し、このほど環境省より採択されましたので、お知らせします。

本調査業務では下記プロジェクトの実施計画・資金計画の立案と当該プロジェクトに適用可能な方法論の開発を行います。

なお、本調査業務には北九州市上下水道局がアドバイザーとして参加し、実施を支援していただきます。

1. プロジェクトの概要

平成26年度二国間クレジット制度の構築に係る実現可能性等調査委託業務について

環境省は、2050年までに温室効果ガス排出を世界で半減させるため、経済成長が著しい発展途上の国々を対象に温室効果ガス排出削減プロジェクトを大規模に発掘・形成し、低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要であるとしています。そのため、二国間クレジット制度(JCM)に基づき、優れた技術等を活用してCO2排出削減を行うプロジェクトが、途上国において実現可能かどうかを判断するための調査を実施するものです。

なお、2015年度以降、環境省はこの調査結果を評価した上で、効果的な案件に対し、実証事業へ移行する予定です。

案件 プノンペン水道公社における浄水場設備の高効率化によるエネルギー削減
調査団体 メタウォーター株式会社、株式会社松尾設計(北九州市上下水道局はアドバイザーとして支援)
調査委託業務費用 上限46,200千円(税別)
概要 カンボジア国最大の水道事業者であるプノンペン水道公社の浄水場は1990年代に建設されており、受変電設備やポンプ設備の老朽化が進んでいる。また、現在の日本の機器と比較すると効率が悪いため、本プロジェクトにより最新の省エネ機器に更新することで消費電力およびCO2排出量の削減を図る。

2. 当社のカンボジアでの取り組み

カンボジアは当社が海外での事業拡大に向けてもっとも注力している国の一つです。2010年8月には、北九州市上下水道局(当時は水道局)と、カンボジアおよびベトナム・ハイフォン市を対象とした水ビジネスの展開に関して基本協定を締結するとともに、同月に設立された北九州市海外水ビジネス推進協議会に加入し、相互に協力しながら、カンボジアの首都プノンペンでの車載式セラミック膜ろ過装置の実地走行試験(2011年9月~12月実施)やケップ州での実証実験(2012年7月実施)などを行ってきました。また、厚生労働省の調査業務や水道セミナーを通じて、この装置の適用可能性を確認しました。

2014年1月には、カンボジア・ケップ州が、日本大使館に外務省の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」に申請した、水道未普及地域への車載式浄水装置・貯水タンク・水運搬用ポリタンク・水運搬用カート導入プロジェクトが採用され、当社が車載式セラミック膜ろ過装置1台を納入することとなり6月に引き渡しを完了しました。(*1)

一方、2013年3月には、北九州市および北九州市海外水ビジネス推進協議会との連携をより強化し、カンボジア、ベトナムのみならず、アジアにおける水ビジネスの展開をはかるため北九州市に「北九州プロジェクト室」を開設し、同年4月にはプノンペンに駐在員事務所を開設するなど、カンボジアでの取り組みを一層強化してきました。

さらに、2014年8月には北九州市が実施する海外水ビジネスに地域に密着した企業として積極的に参画していくことを目的として「北九州営業所」を開設しました。(*2)

JCM(Joint Crediting Mechanism:二国間クレジット制度)とは・・・
途上国への温室効果ガス削減技術・製品・システム・サービス・インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減量を日本が削減した排出量として、日本の削減目標の達成に活用するもの。

(*1)詳細につきましては2014年1月31日発表のニュースリリースを参照下さい。
http://www.metawater.co.jp/news/2014/0131.html

(*2)詳細につきましては2014年9月1日発表のニュースリリースを参照下さい。
http://www.metawater.co.jp/news/2014/0901.html

本件に関するお問い合わせ先

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部 TEL:03-6853-7317
FAX:03-6853-8709
e-mail:pr@metawater.co.jp
  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2014年>
  4. 平成26年度二国間クレジット制度(JCM)の構築に係る案件組成調査を受託

このページの先頭へ