METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2014.6.5

セラミック膜の供給先拡大によりパートナリング戦略を加速
~新たにエース・ウォーター、協和機電工業とOEM供給に関する取引基本契約を締結~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田 友康、以下「メタウォーター」)は、株式会社エース・ウォーター(本社:福岡県福岡市、代表取締役 川島 潤一郎、以下「エース・ウォーター」)および協和機電工業株式会社(本社:長崎県長崎市、代表取締役 坂井 秀之、以下「協和機電工業」)の2社と2014年4月1日付でセラミック膜のOEM供給に関する取引基本契約(以下「本契約」)を締結し、2014年5月27日に本契約に基づく製品説明会を福岡で開催しました。

メタウォーターは、上下水道施設・設備において豊富な実績を持つエース・ウォーター、協和機電工業との本契約により、セラミック膜を用いたろ過システムのさらなる採用拡大を図るとともに、両社とのパートナリングによる新たなビジネスの創出を目指します。

本契約および本年4月締結の株式会社ナガオカ(本社事務所:大阪府泉大津市、代表取締役社長 CEO:三村 等)とのセラミック膜ろ過装置等の相互販売契約により、セラミック膜の供給先は11社となります。またメタウォーターは、セラミック膜のさらなる普及拡大を促進するために、初期投資費用ならびに維持管理費用の低減を実現するセラミック膜ろ過装置の開発も進めています。

メタウォーターはこれらの施策を通じて、セラミック膜の供給先の拡大を図るとともに、パートナリング戦略をさらに加速させていきます。

セラミック膜の特徴

メタウォーターのセラミック膜は、原虫類や細菌を除去する目の細かさ、濁度の急激な変動にも対応できる安定した処理能力、優れた耐薬品性、化学的劣化や熱・圧力による変質がないといった特徴があり、上水分野において、メタウォーターのセラミック膜を用いたろ過システムが採用されている浄水場は、国内最大規模の膜ろ過浄水場として本年4月に稼動した「横浜市水道局 川井浄水場 セラロッカ」(神奈川横浜市)をはじめ、国内約130箇所にのぼります。

メタウォーターホームページ>セラミック膜ろ過システム

セラミック膜

株式会社エース・ウォーターの概要

社名 株式会社エース・ウォーター
本店所在地 〒812-0036 福岡県福岡市博多区上呉服町1番8号 北九州銀行呉服町ビル
代表者 代表取締役 川島 潤一郎
設立年月日 1968年9月1日
資本金 50,000,000円
従業員数 35人
事業内容 請負工事事業、上下水道資材販売事業、機械装置販売事業、人材派遣業 他
ホームページ http://www.ace-water.net/

協和機電工業株式会社の概要

社名 協和機電工業株式会社
本店所在地 〒852-8108 長崎県長崎市川口町10-2
代表者 代表取締役 坂井 秀之
設立年月日 1948年6月
資本金 50,000,000円
従業員数 487人
事業内容 ・システム設計(水処理・産業機械・廃棄物処)
・機械関係(水処理機械製作・産業機械・プラント設備工事)
・電気関係(制御盤製作・電気計装工事・電気工事)
・電力・保修(発変電設備・内燃機関・回転機器の保修)
・情報・開発(データロガ・海水淡水化・画像処理ロボット)
ホームページ http://www.kyowa-kk.co.jp/

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawwter.co.jp
  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2014年>
  4. セラミック膜の供給先拡大によりパートナリング戦略を加速

このページの先頭へ