METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2014.4.1

月島テクノメンテサービスとメタウォーターサービスの共同出資による
薬品新会社の設立について

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田友康、以下「メタウォーター」)の100%子会社であるメタウォーターサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村英二、以下「メタウォーターサービス」)は、月島機械株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山田和彦、以下「月島機械」)の100%子会社である月島テクノメンテサービス株式会社 (本社:東京都江東区、代表取締役社長:服部博光、以下「月島テクノメンテサービス」)とともに、主に上下水道分野における薬品事業の展開・拡大を図る目的で、本日付で共同出資による薬品新会社「ハイブリッドケミカル株式会社」を設立しましたのでお知らせいたします。

1.新会社設立の理由

国内における上下水道事業をとりまく環境は大きく変化しています。高度経済成長期に建設された公共インフラは老朽化が進み、近く大更新時代を迎えると言われている中、多くの上下水道事業体は財政難や技術者不足などの課題を抱えています。これらの課題への対策として公共インフラの新設・更新や運営・管理に民間企業の技術・ノウハウ、人材、資金などを積極的に活用するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)などの動きが今後ますます活発になると予想されます。

こうした状況の中、月島テクノメンテサービスおよびメタウォーターサービスは、今後の一層の事業拡大のために薬品事業基盤の拡充が必要だと考え、共同出資により本日付で薬品新会社を設立しました。

現在、月島テクノメンテサービスは、全国の上下水道事業体や民間企業等への上下水道向け薬品の販売およびそれらのサービス網に強みがあります。一方、メタウォーターサービスは、PPPにおける上水道向け薬品に強みがあります。

両社の薬品事業を新会社に集約・融合することにより、サービス面では、上下水道事業体や関連民間企業などの顧客に対して、最適薬品の選定、最適使用量・手法の提案、適正コストの実現など、ワンストップソリューションを提供します。また、災害時における薬品の確保に関しても、各顧客をサポートします。

事業面では、調達機能の集約による調達コストの縮減、薬品事業における経営と業務の効率化によりコスト競争力のある運営体制の構築といったシナジーの創出を目的としています。

2.新会社の概要

(1) 商号

ハイブリッドケミカル株式会社 (英語表記)Hybrid Chemical Co., Ltd

(2) 本店所在地

東京都江東区佐賀1丁目3番7号

(3) 代表者

社長 五味 保人(現 月島テクノメンテサービス 薬品営業部 部長)

(4) 出資金

40,000,000円

(5) 出資比率

月島テクノメンテサービス50%、メタウォーターサービス50%

(6) 設立年月日

2014年4月1日

(7) 決算期

3月

(8) 事業内容

工業用薬品・燃料等の販売、水質に関する技術検討、機器・部品販売、その他上記に付帯する事業

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部 TEL:03-6853-7317
FAX:03-6853-8709

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2014年>
  4. 月島テクノメンテサービスとメタウォーターサービスの共同出資による薬品新会社の設立について

このページの先頭へ