METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2014.3.24

日本下水道事業団より海外向け技術確認第一号の技術確認証を授与されました~先進的省エネ型下水処理システム~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木田 友康、以下「メタウォーター」)は、日本下水道事業団が実施する海外向け技術確認おいて、2014年3月24日、第一号となる技術確認証を授与されましたのでお知らせします。日本下水道事業団本社で開催された海外向け技術確認証授与式で、谷戸善彦日本下水道事業団理事長より木田友康メタウォーター社長へ確認証が授与されました。

メタウォーターは、国の進めている海外水ビジネス戦略の一環として日本下水道事業団が実施する海外向け技術確認業務において、2013年2月、技術確認を申請しました。対象となる技術はメタウォーターが発展途上国向けに開発を進めている「先進的省エネ型下水処理システム:高効率固液分離槽・新型散水ろ床・最終固液分離槽を備えた下水処理システム」で、ベトナム国ダナン市内の下水処理場に設置したパイロット実験装置で実証実験を重ねてきました。今回、日本下水道事業団による約1年間にわたる技術確認の結果、技術の妥当性等が確認され技術確認証を授与されるに至りました。

メタウォーターは今後、日本下水道事業団および国土交通省の支援のもと、今回技術確認された「先進的省エネ型下水処理システム」をベトナム国内をはじめアジア各地で下水処理システムの新たなスタンダードとすべく普及展開をはかります。

授与式での谷戸日本下水道事業団理事長(左)と木田メタウォーター社長(右)

<先進的省エネ型下水処理の概要>

基本フロー

コンセプト

  • 省エネルギー
  • 容易な維持管理
  • 安定した処理水質
  • 圧倒的な低LCC(ライフサイクルコスト)

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部 TEL:03-6853-7317

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2014年>
  4. 日本下水道事業団より海外向け技術確認第一号の技術確認証を授与されました

このページの先頭へ