METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2014.2.19

国内最大規模のセラミック膜ろ過施設となる横浜市水道局「川井浄水場セラロッカ」の完成記念式典に参加~日本で初めて浄水場施設全体の更新と運営・管理にPFI方式を採用~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田友康、以下「当社」)は、平成21年(2009年)1月に7社を株主とする特別目的会社「ウォーターネクスト横浜株式会社」(以下「ウォーターネクスト横浜」)を設立し、同年4月より横浜市水道局と協働で川井浄水場の再整備を進めてまいりました。再整備は順調に進み、本年3月に国内最大規模のセラミック膜ろ過施設となる「川井浄水場セラロッカ」が完成し、4月から給水を開始する運びとなりました。

これを記念して、2月18日に横浜市水道局の主催で「川井浄水場セラロッカ完成記念式典」が開催され、当社からは代表取締役社長の木田友康が出席し、来賓挨拶をしましたので、お知らせいたします。

1. 川井浄水場について

川井浄水場は明治34年(1901年)に創設され、道志川系統を水源とする横浜市内で最も古い浄水場です。横浜市水道局による道志川での清浄な水づくりの取り組みと浄水場での厳しい品質管理により、市民の皆さまに安全で良質な水を安定して供給していますが、稼動後約50年を経て、平成21年(2009年)から更新工事を進めてきました。

再整備では、従来の浄水場を稼働させたまま、限られた敷地内で新たな浄水施設を構築する必要がありました。この条件に最適だったのが、施設の管理が容易で、省スペース化が図れ、水処理能力に優れたセラミック膜ろ過方式でした。

市民の皆さまからの公募によって「セラロッカ」と名づけられた新川井浄水場は、その名前の由来となったセラミック製の膜モジュールを使用した日本最大級の膜ろ過施設として本年3月に完成し、4月から給水を開始します。また、屋上の太陽光発電設備や、道志川を水源とした取水施設からの高低差の自然エネルギーを最大限活用することにより、環境にやさしい浄水場を実現します。

川井浄水場の全景

2. 日本初の浄水場全体のPFI事業

再整備事業におけるこれまでの資金調達、建設はウォーターネクスト横浜が担当し、施設の所有権を横浜市に移管したうえで、今後、ウォーターネクスト横浜が施設の運営、維持・管理を行ってまいります。公共施設の建設、運営、維持・管理などを、民間企業が一括してとり行うPFI(Private Finance Initiative)方式が浄水場施設全体に適用されるのは川井浄水場が日本で初めてです。

セラミック膜ろ過システム

膜ろ過棟内部のようす

3. 施設内の啓発設備の充実

新川井浄水場は「開かれた浄水場」として、見学者が「セラロッカ」の理解をより深めるための啓発設備を設けているほか、市民の皆さまをはじめ、来場者に親しみを持っていただけるような設備の説明コーナーを設けています。

具体的な取り組みとして、タブレットを用いた先進のAR(Augmented Reality:拡張現実)技術でセラミック膜ろ過システムなどの設備内部の構造や水の流れ、解説資料、英語訳を閲覧できるよう工夫しています。

テープカットの様子
(右端が当社社長の木田)

AR技術を用いて
セラミック膜ろ過システムの説明を行う様子

完成記念式典には、厚生労働省の宇仁菅伸介水道課長、横浜市副市長の渡辺巧教(ワタナベカツノリ)氏をはじめ、産官学の関係者らが参加しました。横浜市副市長の渡辺氏、当社代表取締役社長の木田のコメント概要は下記のとおりです。

横浜市副市長 渡辺巧教氏のコメント

横浜市の水道は、わが国最初の近代水道として127年前の明治20年に創設されました。新川井浄水場「セラロッカ」の完成により、横浜独自の水源である山梨・道志川からの水を膜ろ過し、さらに良質な水を市民の皆さまに届けることができるようになります。未来の横浜市民の皆さまにも安全・安心でおいしい水をお届けできるよう、一層の努力をしてまいります。

当社代表取締役社長 木田友康のコメント

本事業は、日本初の浄水場施設全体をPFI方式で行い、設計・建設・運営、維持管理を特別目的会社が一括で行う事業です。また同時に、国内最大規模の膜ろ過施設でもあり、このような事業に携わる機会を得られたことは、当社にとって非常に誇らしいと思っています。今後、SPCで20年間運営・維持管理を行っていきますが、横浜市民の皆さまにより安全で安心な水道供給を行っていくことができるよう、努めてまいります。

株式会社横浜ビールのご協力により、新川井浄水場でつくられた水でオリジナルビール(非売品)を製造しました。

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2014年>
  4. 国内最大規模のセラミック膜ろ過施設となる横浜市水道局「川井浄水場セラロッカ」の完成記念式典に参加

このページの先頭へ