METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2013.10.22

上下水道インフラ管理サービス「Smart Field Service」の提供を開始~自治体の関連費用を半減 ~2017年までに1000自治体への導入を目指す~

※Smart Field Serviceは2013年度のグッドデザイン賞に選定されています

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田 友康、以下、メタウォーター) は、10月22日より、クラウドで利用できる水道インフラ管理サービス「Smart Field Service(スマート フィールド サービス、略称SFS)」の提供を開始します。

本サービスは、メタウォーターの「ウォータービジネスクラウド(略称 WBC)」事業の一環で開発されました。富士通株式会社のクラウド基盤を活用しており、同社のARマーカーと上下水道関連装置を連携させることで、作業の管理にスマートフォンやタブレットを効率的に活用できるようになりました。上下水道管理は自治体によって手法が異なることが多く、標準体制を整えることが困難とされてきましたが、メタウォーターは現在約90の自治体の上下水道管理を請け負っており、これらの経験から得た管理ノウハウと富士通のクラウドシステムの連携によって、点検体制の一元化を図ることに成功しました。クラウドシステム上では、上下水道に関するあらゆる情報や作業員のノウハウを蓄積することが可能となります。メタウォーターは、本サービスを2017年までに1000自治体への導入を目標としています。

WBCが提供する新たな上下水道管理コンテンツ
「Smart Field Service(SFS)」

上下水道管理はこれまで多くの作業員によって管理されてきました。作業員の目によって点検され、作業員の手によって記録をし、そこから得た知識やノウハウを作業員が後世に引き継いでいました。

Smart Field Service(SFS)では、上下水道関連装置に関するあらゆる情報をクラウド上で管理することができ、これまでマンパワーで対応していた全ての関連作業の効率化を図ることができます。Smart Field Service(SFS)の導入によって、自治体は人件費などの関連費用を半減することが可能になります。Smart Field Service(SFS)は、作業機場の情報を視覚的に管理できる「Smart Field Viewer(スマート フィールド ビューアー、略称SFV)」と、スマートデバイスの活用により整理、記録ができる「Smart Field Note(スマート フィールド ノート、略称SFN)」から成ります。


SFNのシステム構成イメージ


SFVのシステム構成イメージ

Smart Field Viewer(SFV)

    関連機器のあらゆる情報を手元に引き寄せるシステム

  • ARマーカーを活用 機器ごとにタグを貼り付けて、各機器を管理
  • 作業履歴、気付き、写真、動画、音声などの機器に関する情報をいつでもどこでも引き出すことが可能用

導入効果

引き継ぎ作業の効率化 機器に関する全ての点検記録(写真・音声・手書きメモ・映像)は、時系列で整理保存されるため、朝夕の引継ぎに必要な情報を効率的に利用できます。
直感的な情報アクセス 情報は全て機器に関連付けて一元管理されています。 利用者は機場内や棟屋内の平面図から該当機器を選択することで必要情報をすばやく入手できます。
ノウハウを共有し組織学習 点検時の気付きを画像、手書メモ、音声など、より具体的で判りやすい形で状況を表現できます。蓄積したノウハウは、技術レベルの向上と継続に役立てることができます。修繕記録や間違えやすい手順を残すことで、作業ミスや漏れを未然に防げます。
設備機器の更新・延命処置判断の支援 収集された機器データを解析し、設備機器の更新や延命措置をより最適なタイミングで行うことができます。

Smart Field Note(SFN)

    ICTを駆使した新しいフィールド業務形態

  • 点検項目はシナリオとしてExcelシートで簡単作成
  • スマートデバイスの機能をフル活用したツール
  • 収集した情報はWBCに全て集約
  • 現場での「気づき」「ノウハウ」などの情報を画像や音声・メモ機能で記録可能

導入効果

運用変更への柔軟な対応 従来の点検用端末と異なり、SFNは点検対象や手順(シナリオ)をお客様自身がEXCELの表で作成できるので、点検業務の運用変更などに容易に対応できます。
作業負荷の軽減 点検結果もEXCELの表で出力されるので、結果の転記作業やPC入力作業が不要となり、作業負荷が軽減されます。
業務の効率化 現場での点検業務と、事務所での結果編集作業を手分けしてできるので、業務が効率化できます。
気付きの具体的報告とノウハウの蓄積 日常点検項目以外に点検時の気付きを写真・画像・手書きメモや音声で記録できるので、より具体的で判りやすい報告書を作成できます。 点検ノウハウなどの蓄積、保管ができます。
多様な応用範囲 日常点検業務以外でも、手順や入力項目を特定できる多様な業務(例 現地調査、ヒアリングなど)にも適応可能です。
業務標準化への寄与 クラウドシステムを使用することで、データの一元管理が可能となり、複数現場の作業手順の標準化に寄与します。

メタウォーターが長野県松本市で請け負っている上水道の運転・維持管理現場において試験的に導入し、点検業務の効率化を実現しています。

「ウォータービジネスクラウド(WBC)」事業設立の背景

WBCシンボルマーク

今般、1964年の東京オリンピック前後に建設された公共資産・施設の老朽化への対応が課題となっており、高速道路や水道施設などの生活に重要な社会インフラの大更新時代が到来すると言われています。施設の老朽化による、更新コストが増大する一方で、熟練技術者が大量に退職することによって生じる技術者不足など、社会インフラを支える現場では様々な課題を抱えています。メタウォーターは、このような課題を対応すべく、2011年より「ウォータービジネスクラウド(WBC)」事業を立ち上げ、上下水道事業の持続性を支援してきました。

当事業は、上下水道事業を運営・経営する地方自治体や関連する民間企業に対し、事業の持続性を阻む課題の解決に向け、各種経営資源(ヒト、モノ、カネ、技術、情報)の確保と最適化を実現する、支援ソリューションの開発・提供を目的としています。

2013年度 グッドデザイン賞受賞について

Smart Field Service(SFS)は、公益財団法人日本デザイン振興会(所在地:東京都港区、会長、川上 元美)が10月1日に発表した「2013年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

「グッドデザイン賞」は家電やクルマなどの工業製品から、住宅や建築物、各種のサービスやソフトウェア、パブリックリレーションや地域づくりなどのコミュニケーション、ビジネスモデルや研究開発など、有形無形を問わず、人によって生み出されるあらゆるものや活動が対象とされています。

今回、本サービスは「社会基盤・プラットフォーム」のカテゴリーで応募をし、当カテゴリーにおいて本年度の受賞対象として選定を受けました。

本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部 TEL:03-6853-7317
FAX:03-6853-8709
  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2013年>
  4. 上下水道インフラ管理サービス「Smart Field Service」の提供を開始

このページの先頭へ