METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2013.6.1

メタウォーターが国際航業と業務提携
~クラウドとGISで上下水道事業の効率的な管理を実現~

メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木田友康、以下「メタウォーター」)は、このたび2013年6月1日付けで、国際航業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土方聡、以下「国際航業」)と、国内および海外の上下水道事業において、クラウドとGISによる維持管理およびソリューションの提供について業務提携いたしました。

この業務提携により、水処理施設と管路の統合された維持管理ソリューションの提供を行っていきます。さらに、上下水道事業体(自治体)様と一体となって管理運営に取組ませていただくことで、事業全体を包括するサービスが提供できるようになります。 このことによって上下水道事業体(自治体)様のインフラの安全性確保や長寿命化、維持管理コストの合理化を実現することができ、ひいては、市民へのサービスの向上に貢献していきます。(図1)

また、両社は海外にも積極的に展開し、今回の業務提携により5年後には、国内および海外の上下水道事業において合計75億円の売り上げを目指します。

<業務提携の内容>

国内および海外の上下水道事業において以下の業務提携を行います。

  1. メタウォーターが展開するクラウドサービスへの国際航業のGIS等のシステム開発
  2. 収集されたビッグデータの解析およびソリューションの提供
  3. 上下水道の維持管理業務の協働・研究開発
  4. 広範な事業連携および第三者との提携についての検討


   図1.提携のビジョン

<業務提携の背景>

全国の上下水道事業は日本全体の人口減少に伴い、給水人口や料金収入の減少、老朽化した施設の更新需要の増大、震災対策として強靭化など多くの課題を抱えています。さらに、技術職員の大量退職により、長年培ってきた技術・ノウハウの継承の問題にも直面しており、近い将来には管理者を含め技術的な事業運営への対策も急務となっています。

それらへの対策のひとつとして、民間企業のノウハウ・人材・資金等を積極的に活用する官民連携の動きが今後ますます活発になることが予想されます。官民連携の推進は、2013年3月に策定された新水道ビジョンにも明記されており、また、産業競争力会議においても公共インフラの民間開放が議論されています。今後、国内の上下水道維持管理においては、上下水道施設全体の技術力・サービス力を提供できる民間企業への期待が高まると考えられます。技術力を確保しつつ効率的な上下水道事業経営を行うためには、上下水道事業体と民間企業の運営ノウハウを共有した、包括的なサービスの提供が必要になっています。

<両社の実績>

メタウォーターは水処理施設のプラントエンジニアリングに長年携わってきた実績に基づく水処理施設内の維持管理に必要な技術を有しています。また、上下水道に関わるすべての方が利用でき、ノウハウ・技術を標準化・共通化するクラウド型プラットフォーム「ウォータービジネスクラウド(WBC)」(*資料1)を提供しています。さらに、これからますます必要とされている官民連携による施設の整備・運営にも、総合力を活かして数多く取組んでいます。

国際航業は空間情報技術のフロントランナーとして、行政業務の効率化を図る統合型GISソリューション「Genavis」(*資料2)による水処理施設外の維持管理ツールを提供しており、政令指定都市をはじめとして全国の事業体様で水道維持管理システムの運用管理を受託するほか、2013年3月にはベトナム社会主義人民共和国のトゥア・ティエン・フエ省水道公社から、水道施設維持管理システム構築の業務を受注するなど、国内外での水道管路維持管理に豊富な実績があります。

メタウォーター株式会社について

メタウォーター株式会社は、2008年4月に、日本初の水環境総合エンジニアリング会社として、日本ガイシ㈱と富士電機システムズ㈱(現、富士電機㈱)のそれぞれの水環境部門が合併して発足した会社で、機電融合技術を活かし、地球温暖化対策や、水循環・資源再利用など時代のニーズに合致する技術を開発してきました。さらに、ウォータービジネスクラウド(WBC)というプラットフォームを基軸としたサービスソリューションの提供にも取組んでいます。

商号 メタウォーター株式会社
本店所在地 東京都千代田区神田須田町一丁目25番地
設立 2008年4月1日
代表者 木田友康
資本金 75億円
事業概要 上下水・再生水処理、一般廃棄物リサイクル処理、民間水処理などの水環境分野の各種装置類、施設用電気設備等の製造販売、各種プラントの設計・施工・請負
従業員数 1960名(2013年4月関連会社含む)

国際航業株式会社について

http://www.kkc.co.jp/

国際航業株式会社は、空間情報技術のリーディングカンパニーとして、最先端の計測技術と幅広いコンサルティング技術により公共サービスの向上に貢献してまいりました。長年にわたり国内外で培った安心・安全な地域づくり、低炭素社会づくりのノウハウと、空間情報の高度な分析を可能とするGIS(地理情報システム)を活用し、「環境・エネルギー」、「防災・減災」、「アセットマネジメント」の視点から、行政政策の立案や社会インフラの整備・運用の総合コンサルティングを実施し、新しい時代が求める「グリーン・コミュニティ」の創造を提案してまいります。

商号 国際航業株式会社
本店所在地 東京都千代田区六番町2番地
設立 1947年9月12日
代表者 土方聡
資本金 167億29百万円
事業概要 空間情報コンサルティング事業・行政支援事業・ グリーンプロパティ事業・グリーンエネルギー事業
従業員数 1,216名(2012年5月末現在)

本件に関するお問い合わせ先

メタウォーター株式会社 経営企画本部 広報部  大瀬良 03-6853-7317

以上



<参考資料>

1,「ウォータービジネスクラウド(WBC)」とは



2,統合型GISソリューション「Genavis」とは

国際航業は空間情報技術のフロントランナーとして、これまで政令指定都市を始めとする多くの地方自治体に地理情報システム(GIS)を導入し、行政業務の効率化を支援してきました。 Genavisシリーズとは、データベースをコアに"個別業務支援GIS" "庁内情報共有GIS" "市民コミュニケーションGIS"を統合・連携させることにより、行政業務の高度化・効率化、住民とのコミュニケーションの活性化を促進するソリューションです。

Genavisにより庁内横断的な情報流通を促進

GenavisCore(統合データベース)

統合型GISソリューション「Genavis」の上下水道版「せせらぎ」「せせらいん」は、各施設情報の収集・保管のみならず、日常点検の効率化を図り、各種問題解決やアセットマネジメントへの展開が行え、スマートな水運用を実現する基盤システムです。  本業務提携においては、提携のビジョンのように上下水道の水処理施設運営・管路維持管理・顧客サービスのデータを位置情報とともに蓄積・管理・解析します。さらに空間情報コンサルティングのノウハウを基に連携を図り、インフラの長寿命化や維持管理コストの合理化に寄与し、市民サービスの向上に貢献していきます。

Genavis水道情報システム「せせらぎ」

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2013年>
  4. メタウォーターが国際航業と業務提携

このページの先頭へ