METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2011.3.8

豊田浄水場始め6浄水場排水処理施設整備・運営事業の事業契約を締結
- 排水処理施設の増設・更新と運営・管理をPFIで実施 -

メタウォーター株式会社(社長:松木 晴雄、本社:東京都港区)を筆頭株主とする特別目的会社「株式会社アクアサービスみかわ」は、「豊田浄水場始め6浄水場排水処理施設整備・運営事業」の事業契約を愛知県と締結しました。本事業は、愛知県三河地域にある6浄水場の排水処理施設の増設・更新と運営・管理をPFI(Private Finance Initiative:民間資金を活用した社会資本整備)方式で実施するものです。

愛知県下で実施する排水処理施設PFI事業としては、「知多浄水場始め4浄水場排水処理施設整備・運営事業」(以下知多PFI、日本ガイシグループとして受注)に続き2例目となり、合計10浄水場の排水処理施設をPFIで運営・管理していくことになります。

本件は、昨年9月にメタウォーター株式会社(以下、メタウォーター)を代表とするメタウォーターグループ(メタウォーター株式会社、メタウォーターサービス株式会社、月島機械株式会社、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)で入札に応募し、11月に落札者に決定しました。同年12月3日に愛知県と基本協定を締結、同月設立した株式会社アクアサービスみかわ(特別目的会社:メタウォーター株式会社、メタウォーターサービス株式会社、月島機械株式会社で構成)と愛知県との間で、平成23年3月8日に事業契約と締結し、4月1日の運営開始に向けて準備を行っていきます。

今回の事業は、浄水場から発生する濃縮汚泥を脱水処理し、脱水汚泥を再生利用するPFI事業であり、施設の運営・維持管理を行いながら、脱水機(計12台)の更新・増設等を行うものです。脱水処理した汚泥は、培養土等に利用し、100%再生利用します。

また、排水処理施設の運転を継続しながら、施設整備(設備の更新・増設等)を行う必要があるため、施設運転・維持管理と施設整備の連携が重要となってきますが、知多PFIを始めとする排水処理施設PFI事業で培った豊富な運営ノウハウを最大限に活かし、安定した施設整備及び運営・管理を行います。

事業概要

1)事業名
豊田浄水場始め6浄水場排水処理施設整備・運営事業
2)契約金額
14,465,725,345円(税込み)
3)事業範囲
豊田浄水場始め6浄水場の更新等に係る資金調達、設計・建設、運営・維持管理、発生土の再生利用
4)事業期間
施設整備期間:20年間の事業期間で脱水機12台を更新・増設等
運転・維持管理期間:平成23年4月1日~平成43年3月31日(20年間)
5)事業方式
BTO(Build Transfer Operate)方式
平成22年12月15日に設立した特別目的会社が資金を調達し、施設を建設(Build)した後、施設の所有権を愛知県に移管(Transfer)した上で、同社がその施設の運転・維持管理(Operate)を行います。
6)施設所在地
豊田浄水場:愛知県豊田市浄水町原山62
幸田浄水場:愛知県額田郡幸田町大字坂崎字楠木23-4
安城浄水場:愛知県安城市福釜町道田44
豊橋浄水場:愛知県豊橋市東小鷹野2-9-1
豊川浄水場:愛知県豊川市平尾町五反田26-30
豊橋南部浄水場:愛知県豊橋市老津町字南山田1
豊川浄水場(蒲郡):愛知県蒲郡市清田町五反田52-1
7)施設概要

下表に示す設備を、更新・増設します。

  豊田 幸田 安城 豊橋 豊川
型式 長時間型 長時間型 長時間型 短時間型 長時間型
ろ過面積
×設置台数
800m2×1台(増設)
800m2×1台(更新)
314m2×2台(更新) 400m2×4台(更新) 218m2×3台(更新) 300m2×1台(更新)

※ 豊橋南部では、天日乾燥床であるため、脱水されたケーキをストックするケーキヤードを新設します。

8)特長
  • 既設設備を運転しながら、設備更新・増設を実施します。
  • 発生土(脱水汚泥)を100%再生利用します。

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2011年>
  4. 豊田浄水場始め6浄水場排水処理施設整備・運営事業の事業契約を締結

このページの先頭へ