METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2009.9.10

PHS基地局を活用した「雨量計測システム」の共同開発について
~降雨情報などをリアルタイムに提供することで、地方自治体の災害対策へ貢献~

株式会社ウィルコム(東京都港区、代表取締役社長 久保田 幸雄)とメタウォーター株式会社(東京都港区、代表取締役社長 松木 晴雄)はウィルコムのPHS基地局に雨量計測器を設置し、主に地方自治体向けに雨量情報を提供する「雨量計測システム」を共同で開発いたしました。

今回の「雨量計測システム」は、メタウォーターが雨量計測器、雨量情報システムの開発、ウィルコムが通信回線及び雨量計設置スペースとしてPHS基地局を提供することにより実現したものです。雨量測定位置として適した位置にあるPHS基地局を選択し、今回開発された雨量計を設置、PHSネットワークを利用して情報サーバーまで雨量データを伝送します。

ウィルコムの保有する基地局は全国16万局におよび、市街地では数百メートルに1箇所の割合で設置されています。このため、必要とする位置に雨量計を設置することができ、局地的な豪雨を捉えることが可能となります。また、ウィルコムが採用するマイクロセルネットワークは、基地局の障害が発生しても他の基地局がエリアをカバーすることができる為、地震などの災害時にも強いなどの特長を有しています。

昨今、局地的な豪雨による土砂災害や洪水氾濫などの災害が頻発していますが、本システムの導入により、該当地区のリアルタイムな雨量実データに基づいた浸水予測を行うことがきるようになる為、正確かつ迅速な地域の災害対策が可能となります。
 このことから、本システムの試験運用を、福井県福井市の協力を得て、2009年9月より開始する予定です。

今後とも両社は、ウィルコムの保有する全国16万局の基地局設備を重要な社会インフラとして捉え、メタウォーターの上下水道事業で業界トップクラスの実績を活用し、本システムの全国的な普及促進に向けて取り組むと共に、将来的には雨量情報、浸水予測情報をサービスとして提供できるシステムに発展させることも視野において協力してまいります。

別紙:「雨量計測システム」の概要

「雨量計測システム」は、ウィルコム基地局に設置する雨量計測器、通信装置と地方自治体等に設置される雨量情報を提供するサーバーで構成されています。雨量計測器で観測された雨量データは、通信装置によりPHSネットワークを利用して地方自治体等に設置された情報サーバーに伝送します。

「雨量計測システム」の概要図

参考

ウィルコムについて

http://www.willcom-inc.com/

株式会社ウィルコムは、PHS通信サービスを全国展開する日本唯一の通信事業者です。ウィルコムは、2001年にデータ通信定額サービス、また2005年には音声通話の定額サービスという革新的な通信サービスを日本で初めて提供し、PHSの優位性、独自性を活かした様々なサービスを展開、独自の市場を開拓しております。また今後はウィルコムが全国に保有する16万箇所のPHS基地局設備を重要な社会インフラと捉え、BWAユビキタスネットワーク研究会などの外部団体とも連携を深めながら、通信用途以外の公共利用などに活用することで地域社会に貢献できる取り組みにも積極的に取り組んで参ります。

メタウォーターについて

メタウォーター株式会社は、日本ガイシと富士電機それぞれの水環境事業を統合し、2008年4月1日に設立されました。"21世紀は「水の世紀」"ともいわれ、水資源の確保、水環境問題に正面から取り組み、解決していくことが求められています。私どもメタウォーターは、先進のコア技術を活かしたエンジニアリング企業として、上水道・下水道分野でトップクラスの実績を有しています。今後も安定的かつ安全な水環境の創造と保全に貢献することを使命とし、水資源確保・温暖化対応・資源有効利用等の社会的要請に応えてまいります。

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年>
  4. PHS基地局を活用した「雨量計測システム」の共同開発について

このページの先頭へ