METAWATER

ニュース

ニュースリリース
2009.7.15

オキシデーションディッチシステムの販売を強化
- 製造メーカー機能も具備し拡販体制を構築 -

メタウォーター株式会社(社長:松木晴雄、本社:東京都港区)は、オキシデーションディッチ法用処理システム(以下、ODシステム)の販売を強化します。

ODシステムは、小規模下水道分野で多くの採用実績を有する重要技術です。新設の案件が多かった7~8年前は、年間100件程度が発注され、ここ数年も年間50件強が発注されています。

強化の背景

本製品を取り扱っていたサーンエンジニアリング株式会社(伊藤文夫社長、本社:大阪市西区)が平成21年3月31日を持って上下水道分野から撤退されました。

当社は、同社との間で、1)関連特許購入、2)開発元であるDHV社(本社:オランダ)との各種契約の地位承継を実施し、ODシステム用縦軸型曝気装置の製造ならびに販売に乗り出すことが可能となりました。

小規模下水道分野の処理技術とODシステムの位置づけ

オキシデーションディッチ法のほかには、プレハブオキシデーションディッチ法、嫌気好気ろ床法、回分式、好気性ろ床法等複数の処理方式が存在します。

同分野において、オキシデーションディッチ法は約7割、プレハブオキシデーションディッチ法を含めると約9割を占めます。(案件シェア)

ODシステムの概要

小規模下水の処理システムとして、維持管理が容易なODシステムが採用されるケースが多く、その主要設備である反応槽の曝気装置として縦軸型曝気装置が用いられています。

縦軸型曝気装置の特長

本装置は8枚の垂直なブレードで構成され、水力学抵抗を抑えた設計により、小動力で効率的な酸素供給を実現し、ディッチ内にデッドスペースを作ることなくスムーズな水流をつくりだします。

また、維持管理性においてはブレードは夾雑物がからみにくい構造となっており、更に、電動機・減速機・インペラが直結されているため部品点数が少なく長時間のメンテナンスフリーが実現します。

今後の当社の取り組み

エンジニアリング会社として元請受注、機器製造メーカーとして機器単品販売、この両手法を持って拡販に取り組みます。販売提携についても今後検討します。

添付資料:「ODシステム」概要図

OD用縦型曝気装置 オキシレータ(好気用)
対象水量 ~約2500m3/日
羽径 φ1700~φ2900
OD用水中攪拌装置 フローキーパ(嫌気専用)
対象水量 ~約2500m3/日
羽径 φ1200~φ1800
ODシステム概要図

以上

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年>
  4. オキシデーションディッチシステムの販売を強化

このページの先頭へ